交通事故示談・慰謝料の相談Q&A(よくある質問)

交通事故全般のよくある質問

交通事故の損害賠償の相場や基準はありますか?
●損害賠償の3つの基準

交通事故の損害賠償の計算には、3つの基準があるといわれています。
1つ目は自賠責の基準、2つ目は保険会社の基準、そして3つ目は裁判所の基準です。
この3つで相場(額)が違うという面もありますが、それと同時に意味の違いを理解しておくことが重要です。

●自賠責の基準

自賠責とは「自動車損害賠償保障法」に基づき全ての自動車に強制加入が義務付けられている強制保険のことです。
自賠責保険によって支払われるのは、死亡・傷害(怪我)の場合の治療費や慰謝料であり、物損の賠償は対象とはなりません。
また、金額は法律やそれに基づく国の通達によって決められています。
詳しい計算方には様々ありますが、基本的には、治療費、通院のための交通費などの実費のほか1日あたり4200円の慰謝料が所定の日数分だけ支払われます。
ただし総額に上限があり、死亡の場合が3000万円、死亡ではない傷害の場合が120万円となっています。

●保険会社基準

このように、自賠責保険だけでは実際の事故の損害をまかなえないことから、ほとんどの運転者が任意保険に加入しています。
以前は業界統一基準というものがありましたが、自由化に伴い現在では各保険会社が独自に基準を定めています。
この基準について問題となるのは、多くの場合、提示される額が少ないという問題です。
保険会社というのはあくまで加害者側の立場であり、かつ営利企業ですから、支払う保険金を低く抑えた方が保険会社の利益となるのです。
このため、最初に提示される基準額は、次の裁判所の基準と比べてかなり低いものとなっています。

●裁判所の基準について

これは、裁判所が法律に基づいて正当と認める額についての基準です。
これまでの判例の積み重ねによって基準が形成されており、上の2つの基準よりも高額になっています。
3つの基準というとこのうちのどれかを選択するかのように聞こえますが、被害者は本来、この裁判所基準の額を加害者に対して請求することができるのです。
したがって、保険会社がかなり低い額を提示してきた場合であっても、裁判所の基準に基づいた額を前提として交渉をすれば増額されることがあります。
弁護士が示談交渉に入る場合にはこの裁判所基準の額を前提とした交渉を行いますので、多くの場合、保険会社が最初に提示する額よりも多くの保険金を受け取ることができます。
都道府県別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
赤羽総合法律事務所
弁護士法人ALG&Associates 神戸支部
ベリーベスト法律事務所 町田オフィス
ベリーベスト法律事務所 川越オフィス
ベリーベスト法律事務所 新宿オフィス
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ