交通事故示談・慰謝料の相談Q&A(よくある質問)

交通事故全般のよくある質問

交通事故では健康保険が使えないと聞きました。本当ですか?
●交通事故でも健康保険は使える

交通事故で健康保険が使えない、自由診療が原則であるなどということがまことしやかに言われています。
通常であれば3割負担ですむ健康保険が使えなければ自由診療になり、支払う額が大幅に違ってきてしまいますから、大きな問題です。
実はこれは正しくありません。
健康保険は交通事故の場合でも使うことができます。
この点についてはかつて厚生省の通達により全国の市町村に徹底されており、現在も取り扱いに変更はありません。

●なぜ自由診療だと言われるのか

ではなぜ交通事故では健康保険が使えないと言われるかというと、病院側が自由診療を望んでいるという事情があります。
健康保険の医療点数の単価は10円ですが、自由診療の場合は平均20円となっていることから、病院の利益のためにできるだけ自由診療を進めようとしている可能性があります。
多くの場合は病院の側から「自由診療にしてほしい」というお願いのような形で提案をしているようです。
中にはなかば強制的な言い回しで「健康保険の使用はできないから自由診断にします」と言ってくることもあります。
しかしこの場合でも、健康保険を使うかどうかの選択権は被害者本人にありますので、病院の言うことだからと思って従う必要はありません。
もし実際にそのように言われた場合には「健康保険が使えない法律上の根拠」を病院に尋ねてみることをおすすめします。
法律上の根拠はもちろんありませんので病院側はこの質問に答えることはできいはずです。

●どうしても自由診療と言われたら

それでも病院側がどうしても自由診療という形で進めようとする場合もあります。
そのような場合には、健康保険組合や市町村の健康保険課などに相談してみてください。
なお、中には自由診療でなければ行うことができない治療も存在しますのでご注意ください。

●健康保険を適用する場合の手続

交通事故の診療で健康保険を適用してもらう場合には「第三者行為手続き」という手続きが必要です。
交通事故が原因の治療費は最終的には加害者が負担することになり、健康保険が適用された場合というのは健康保険組合が一時的に立て替えている扱いになります。
そこで、交通事故の診療で健康保険を適用した場合には、健康保険組合が後日加害者に請求をすることができるようにするために、その怪我が第三者(加害者)の行為によって生じたものであることを健康保険組合等に届け出ておく必要があります。
都道府県別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所 裁判基準による賠償金獲得率98%
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人心 池袋駅法律事務所
弁護士法人心 豊田市駅法律事務所
弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)
弁護士法人ALG&Associates 神戸支部
ベリーベスト法律事務所 町田オフィス
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ