無免許や無保険(任意保険未加入)の過失がある場合、補償はどうなるの?

交通事故では、自分側の過失が多いとみなされれば、補償の相談をする上では当然不利となります。自分の過失については素直に認めて、補償をするべきですが、補償の方法や内容については警察や保険会社、それから法律の専門家の協力の下で、妥当なものになるように注意する必要があります。

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ALG&Associates

無免許運転など、重大な違反行為をしてしまった場合はどうなるの?

自分に違反行為があった場合は、かなり不利になることを覚悟しないといけません。ただし、無免許運転のような大過失をしてしまった際も、絶対に過失割合が10:0になるとは限りません。保険会社や法律事務所等を通して相手と話を進めていけば、補償の負担も軽減できる可能性があります。

代表的な違反行為としては、次のようなものがあります。

  • 無免許運転をしていた場合
  • 飲酒運転をしていた場合
  • 居眠り運転をしていた場合
  • 駐車禁止のエリアに駐車していた場合
  • 一方通行の道路を逆走していた場合

万一犯してしまった際は、まず事故の状況を確認しましょう。自分の過失について責任逃れをすることはほめられたことではありませんし、認める必要はありますが、相手側にも過失がないかどうか確認することです。

その上で、加入している保険会社に連絡を取りましょう。警察や保険会社に事故の状況を正確に確認してもらう前に、軽はずみな発言をすることは控えるべきです。お互いの過失等が完全に出揃ってから、補償の話を開始するようにしましょう。

※保険会社を通して、入っている対人賠償責任保険や対物賠償責任保険から支払いをするケースが多いですが、保険会社との話し合いや相手(被害者)との話し合いが難航することもあります。少しでもはっきりしない事や判断がつかないことがあったら、法律の専門家に話を持ち込んだほうが安全です。

自分が任意保険未加入だった場合、まず自賠責保険から補償をうける

交通事故に備えて、任意保険には入っておくべきですが、もし入っていないときに交通事故を起こし、しかも自分の過失割合が高いということになってしまったときは、まず自賠責保険を使って補償をする事になります(自分で支払わなくて済む可能性があるということです)。

とはいえ、「無保険で自力では補償ができなくても、誰かが払ってくれるだろう」、と思い込むのはいけません。自分や家族に対して、訴訟を起こされる可能性もあるからです。任意保険に入っていないときに事故を起こしてしまったら、必要に応じて法律の専門家に相談しながら、相手にできるだけの補償をするようにしていくべきでしょう。

※世の中には「車検切れの車に乗っていて自賠責保険にも未加入だった」といった交通事故の加害者もいるのですが、国はそういった、加害者が保険未加入で支払い能力がないケースを想定して、「政府保障事業制度」を設けています。最悪の場合は、被害者にはそちらを利用してもらうことも可能です。

駐車場内の事故は、双方に過失があるケースが多いので慌てずに

駐車場の中で事故を起こしてしまった際は、自分の過失割合が高そうに思えても、落ち着いて事故の状況を調べることです(思ったよりも補償額が減るケースもあります)

駐車場内で交通事故が起こった際は、双方に過失があることが少なくありません。駐車場の中では、すべてのドライバーに「注意義務」が何種類も要求されるからです。「自分からぶつかってしまった」といった具合に、明らかに自分の過失が多くなりそうな場合でも、まず事故の状況を客観的に確認することです。

目撃者を探したり、監視カメラの映像を借りたりしてお互いの過失を年利に確認し、その上で保険会社や法律の専門家を通して、相手に妥当な金額での補償をするようにしていきましょう。

自転車やバイクとの事故。自動車側はやはり不利になりやすい

自転車やバイクにぶつかってケガをさせてしまった場合は、「車に乗っていた自分が不利だろう」と思われがちですが、相手の過失が認められる可能性もありますから、よく調べてもらうようにしましょう。

自転車やバイクと車両の交通事故は頻繁に起こっていますが、どちら側に過失が多いかは事故によって異なります。しかし、基本的に過失の割合を決める際は、自動車のほうが不利になりやすいといわれています。これは、自転車やバイクのほうが、事故が起こったときにダメージを受けやすいため、弱者を保護する必要があるためです。

相手が自転車やバイクだったときは、相手のほうが有利になることは覚悟しないといけませんし、自分のほうが悪いと考えられるときは、当然補償は多くする必要があります。ただし、事故が起こった際にうかつに約束等をすることはおすすめできません。あくまでも、事故の状況を警察や保険会社に調べてもらってから、公平な見地から過失割合を決めてもらいましょう。相手のほうにも過失があると判断されれば、当然自分が補償する額は減らされます。

自分の過失割合が高くなりそうと感じても慌てずに状況を確認しましょう

「自分のほうに過失が多い」と思える際でも、相手の過失が認められる可能性はありますし、補償の金額や方法についても、保険を有効に使って対応できる可能性はあります。まずは落ち着いて事故の状況をよく確認しましょう。判断ができないことがあれば、法律の専門家に一度相談したほうがいいでしょう。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

アーク東京法律事務所
【夜間、土日も対応】交通事故でより良い解決をするために弁護士が保険会社との示談交渉に介入し慰謝料の増額を実現します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

ゆう法律事務所
事故被害を受けた方のあらゆる悩みにお応えします。後遺障害の認定、保険会社との交渉など適正な賠償額を獲得するために全力で対応します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

ライズ綜合法律事務所
【初回相談無料】交通事故で保険会社とトラブルになっている。後遺症で悩んでいる。そんな被害者の方を事故に強い弁護士が最大限サポート。

お問い合わせ

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

まずは、今のお悩みを弁護士にお話してみてはいかがでしょうか?

オススメの弁護士や法律事務所をご紹介
交通事故発生後「しておくべき事」
交通事故の被害者のまずすべき事
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合や代車の費用など
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
示談交渉をするタイミングについて
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談内容と示談書について
交通事故の示談をしないとどうなる?
弁護士費用特約とは?
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残ってしまった場合
後遺障害の等級について
後遺障害等級認定と異議申立
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
傷害・人身事故が発生した場合
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故慰謝料・賠償請求と人身事故
加害者が保険未加入だった場合
追突や衝突、接触事故が発生した場合
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人ALG&Associates 姫路支部
弁護士法人心 東京駅法律事務所
稲葉元澤法律事務所
弁護士法人ライズ綜合法律事務所 大阪
弁護士法人ライズ綜合法律事務所 京都
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ