交通事故で同乗者の違いによって保険の補償はどう変わってくるの?

交通事故が起こった際、車に同乗者がいるのは珍しい事ではありません。自動車保険は、同乗者のための補償も考慮して作られていますが、保険の適用が同乗者によって変わることがあります。どんな保険に入っているかよく確かめて、適用の範囲を探ることが大切です。

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ALG&Associates

自賠責保険は、同乗者にも補償が適用される

交通事故の自賠責保険は、ドライバーだけではなく同乗者にも適用されますが、ドライバーと同乗者の関係(たとえば、家族かどうか)で、適用されるかどうかが左右されることはありません。

事故の相手が自賠責保険を使って補償をすることになった際は、同乗者がただの友人、あるいは恋人といった家族関係がない場合でも同じように受けられるはずです。

任意保険の補償範囲は、同乗者との関係で決まる

任意保険の場合、同乗者がドライバーとどういう関係なのかによって、適用されるかどうかが変わります。

※ただし、相手からの補償については、特に違いはありません。

ポイントは、「ドライバー自身がどんな任意保険に入っているか」です。ドライバーの任意保険の中に、「対人賠償責任保険」「人身傷害補償特約」がある場合は、家族かどうかによって適用されるかどうかが変わります。保険の約款には、「運転者本人」ほか「配偶者」「父母」「子」が死傷したときには補償をしないという趣旨の記載があります。

同乗者の種類によって、「対人賠償責任保険」「人身傷害補償特約」の適用がどう変わるか整理しておきましょう。

親・子供・配偶者
「対人賠償責任保険」は支払われません(免責事由に該当するためです)。「人身傷害補償特約」のみ適用される可能性があることになります。
兄弟・恋人・友人
「対人賠償責任保険」「人身傷害補償特約」両方とも適用される可能性があります。

※同じ家族であっても、親や子供の場合と、兄弟姉妹の場合とでは、任意保険の適用範囲に違いがありますし、人生のパートナーであっても、正式に結婚しているかどうかで任意保険の適用範囲に違いがあることになります。結婚してしまうと、恋人だった頃と違って「対人賠償責任保険」は支払われなくなるのです。

自分が同乗者だった場合は事故相手とドライバーの保険補償が受けられる

自分が同乗者として乗っていた車が交通事故に遭ってしまった際は、相手からの補償のほかに、ドライバーが入っている保険から補償を受けられる可能性があります。

※ポイントは、事故が物損事故として処理されてしまうと、相手からの補償を受けられなくなるため、自分の身体に影響があった際は、人身事故として届け出を警察に出す必要があることです。

相手の任意保険や自賠責保険から、ドライバーだけではなく同乗者である自分も補償を受けられるように交渉する事と、ドライバーがどんな保険に入っているかを確認することです。ドライバーと自分の関係によっては、ドライバーの保険からの保証は受けられなくなる可能性があります。

搭乗者傷害保険は、車に乗っていた人すべてを対象とした保険

搭乗者傷害保険は、車に乗っていた人すべてを対象とした保険です。加入しているなら、自分が運転していなかった場合でも、自分が運転していたときでも、補償を受けられますから、交通事故が起こったら忘れずに搭乗者傷害保険についても確認するべきです。

※「搭乗者」という言葉は、「同乗者のことを意味している」と解釈されがちですが、ドライバー本人も搭乗者に含まれます。

搭乗者傷害保険に入っている人が、車に乗っていて事故が起こったら保険の適用を受けられます。これは、事故の損害賠償の結果には関係がありません。

ただし、保険会社は進んで搭乗者傷害保険の支払いの相談をしてこないことがあります。これは保険会社が支払いをしたくないためだと考えられますが、おとなしくしていてもいいことはありませんから、自ら保険会社に連絡を取って、搭乗者傷害保険の請求を積極的に行っていくほうがいいでしょう。

もともと、搭乗者傷害保険は他の自動車保険とセットで入ることが多いですし、加入していることを忘れてしまう人がたくさんいます。車に乗っていて事故が起こったときは、自分が運転していたかどうかに関係なく搭乗者傷害保険の適用を受けられるかどうかを忘れずに確認しましょう。

同乗者の補償については、まず保険会社に確認する事が大切です

自分が運転していた場合、自分が同乗者だった場合も含めて、保険の適用範囲は複雑になりますので、わからない場合はすぐに保険会社に確認をする事も自分が交渉で有利になるためには必要となってきます。場合によっては、法律の専門家にアドバイスを仰ぐこともオススメいたします。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

特殊なケース!補償はどうなるの?に関する記事
エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
上本町総合法律事務所
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 水戸支店
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 那覇支店
権藤法律事務所
深田法律事務所
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ