子供が交通事故に遭った場合の過失割合で注意すべきポイント

大事なお子さんが交通事故の被害に遭った時の家族の心労は大変なものです。病院での治療や警察の取り調べなど、対応しなければならない点は多いですが、その中でも注意したいのは過失割合です。

慰謝料の額を大きく左右する要素である過失割合がどのように決まるのかを明らかにしたうえで、不当な過失割合で損をせずに高額の慰謝料を請求するためのポイントについて説明します。

請求できるのは親権者である親

小さな子供が交通事故に遭い被害を被った場合は、損害賠償を請求することが可能です。

【実費など】

  • 病院での治療費・入院雑費
  • 付添費

【慰謝料】

  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料(+逸失利益)
  • 死亡慰謝料

被害者の子供が未成年の場合には、父母が示談交渉や損害賠償請求などを行うことになります。民法では、未成年者が一人で法律行為をするのを制限しているためです。

金額の大きい慰謝料を左右する過失割合について説明してみます。

問題となるのは過失割合

交通事故の被害者に落ち度=過失があれば、加害者の賠償責任が減らされることがあります。これを過失相殺と呼びます。加害者と被害者の過失の割合を数字で表したものを過失割合と言います。

例えば、過失割合を7:3とする場合は、加害者の過失が7割、被害者の過失が3割という意味を表します。加害者は、すべての損害のうち7割に相当する部分の責任だけを負うので、3割の過失相殺が認められることになります。結果として、被害者が受け取ることができる慰謝料は、慰謝料×0.7となるのです。

子供の過失割合が成人とどう違うのか見てみましょう。

最初に少し難しい法律の話をした後で、分かりやすく解説することにします。

昭和39年6月24日の最高裁判決が出る前までは、加害者の過失が相殺(過失相殺)されるには被害者にも「責任能力」が必要とされていました。責任能力とは、自分の行為の結果として責任が生ずるのを認識できるだけの能力を言います。

ところが、昭和39年6月24日の最高裁判決において、被害者が過失相殺される際の責任能力を否定し、「事理弁識能力(じりべんしきのうりょく)」があれば過失相殺されるとしたのです。ここで言う事理弁識能力とは、損害の発生を避けるのに必要な注意ができる能力を指します。

簡単に言うと、例えば、道路に飛び出したら、車にひかれる可能性があるため危ないということを考えられるかどうか「事理弁識能力」が重要であり、道路に飛び出したらどうなるのか、あるいは自分がどのような責任を負うのかを理解する「責任能力」必要がないということになります。

つまり、子供の交通事故の過失相殺が、成人ほどではないにしろ、以前よりも行われやすくなっているのです。

さらに、親にも過失があるとする考え方にも注意が必要です。

実際問題として、子供自身の過失を考慮しないとするならば、親権がある父母などに監視や監督不十分の落ち度がある時は、親等の被害者側の過失があるとする最高裁の判決も出ています。この過失が認められると、賠償額を減らされる(過失相殺)ことになってしまうのです。

過失割合が決まる方法

過失割合が決まるのは、ほとんどの場合、加害者加入の保険会社との話し合いです。注意したいのは、保険会社は被害者の側に立つわけではないということです。賠償額の支払い負担を抑えたい、話し合いを早期に終わらせたいなどの思惑から、過失割合について保険会社が公平で誠実な対応をしてくれないケースも出てきます。

このため、被害者側は、保険会社から提示された過失割合をそのまま受け入れない方が良いのです。より厳密で適切な過失割合を求めていくためです。

弁護士に相談するメリット

過失割合に不満があった時

保険会社が提示する過失割合に不満があるため、修正を求めたとしても、被害者側の知識不足などの原因もあり、保険会社が過失割合の修正をしないことがあります。こうした場合には、弁護士に相談するべきでしょう。

過失割合の修正に応じるよう、弁護士は最大限の努力をしてくれます。保険会社は、交通事故を専門とする弁護士の主張を認めざるを得ないはずです。

高額の慰謝料が期待できる

交通事故に遭った場合の慰謝料請求には、3つの計算基準が存在します。つまり、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士・裁判所基準の3つです。

これらの基準では、自賠責保険基準→任意保険基準→弁護士(裁判)基準の順に慰謝料の額が高くなっていきます。

もっとも高い慰謝料が期待できる弁護士(裁判)基準の最大のポイントは、端的に言うと、訴訟を起こした場合とほぼ同等の賠償金の額を加害者側に請求できる点にあります。弁護士立ち合いのもと、被害者が訴訟を起こして勝訴し、弁護士基準の賠償額の支払いを裁判所が命ずるのを、任意保険会社が回避しようとするためです。

まとめ

大切なお子さんが交通事故の被害に遭った場合には、交通事故を専門とする弁護士が力強い味方になってくれます。保険会社など加害者側との交渉を、弁護士に依頼することによって、交通事故で精神的なダメージを受けたお子さんのケアに専念できるようになります。

保険会社が提示する過失割合は被害者にとって不利なものですが、弁護士は被害者の立場に立って修正を求めてくれることでしょう。できるだけ早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故被害に遭ったら、まず弁護士に「無料相談」してください
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士をご紹介しています。実績・経験ともに豊富な弁護士事務所ばかりです。「保険会社とのやりとりがめんどう」「慰謝料・過失割合に不満がある」など、どんなお悩みにも対応することができます。

まずは「無料相談」で弁護士にお悩みを聞かせてください。交通事故に強い弁護士から「適切なアドバイス」を受けることができます。「全国対応・無料相談可能」な事務所はコチラをご覧ください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故被害に遭って、何をして良いのかわからないあなたへ
交通事故に遭うなど人生で何度も経験するものではないため、事故後「何をしていいのか」わからなくて当然。「事故発生から解決まで」の道筋をわかりやすく丁寧に解説。 交通事故被害者の味方になれるのは「弁護士」を除いて他にいません。なぜ弁護士に相談・依頼するべきなのか徹底解説。 保険会社との示談交渉はとてもめんどうです。だからといって、放置しても何も良いことはありません。むしろ被害者にとって「取り返しのつかない事態」にもなりかねません。 「慰謝料を多くもらうためにはどうすればいい?」という質問は当サイトにも多く寄せられます。増額を望むなら、慰謝料の仕組みを理解した上で交渉しなければなりません。 いつどこで交通事故に遭うか誰にもわかりません。もし真夜中に事故に遭ってしまったら・・・。そんな時でもご安心を。24時間電話対応が可能な弁護士事務所はコチラ。

当サイトがオススメする交通事故に強い弁護士【相談無料】

全国対応
ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人いろは
交通事故に強い弁護士が「保険会社との交渉代行」「後遺障害等級」まで、事故事件でお困りの被害者に代わり示談手続きを代行いたします。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

特殊なケース!補償はどうなるの?に関する記事
都道府県別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人心 池袋駅法律事務所
弁護士法人心 豊田市駅法律事務所
弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)
弁護士法人ALG&Associates 神戸支部
ベリーベスト法律事務所 町田オフィス
都道府県別で探す

北海道・東北

関東

中部・甲信越

近畿

中国・四国

九州・沖縄

広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ