ながらスマホ(携帯電話)の交通事故被害の補償はどうなるのか?

加害者が携帯電話を見ながら運転をしていた「ながらスマホ」が原因で交通事故を起こされた場合には、加害者によそ見を認めさせることが大切です。加害者がスマホの使用を認めないことがありますので、事故直前のノーブレーキや蛇行運転などの不可解な車の動きを覚えておくことが大切です。

交通事故の示談交渉では、事故の過失割合に加害者(保険会社)が了承するかが重要なポイントになります。「ながらスマホの事故被害」で不安な方は弁護士に相談することをお薦めします。

交通事故の相手が「ながらスマホ」をしていた場合

スマートフォンはPCとほぼ同等にサイト閲覧ができ、メールやメッセージの送受信、様々なゲームアプリ、SNSなど娯楽から連絡手段までたくさんの機能を果たしています。そのため、画面に熱中するあまり、歩きスマホなどと言われるように歩行中や自転車に乗りながらスマホを操作する人が続出しています。

中でも危ないのが、スマホを操作しながらの自動車運転です。

スマホをしながらの事故が増加中

スマホが普及した現在では、運転中のスマホ操作が原因の交通事故が増えています。スマホ操作と同時に違う行動をすることを俗に「ながらスマホ」と呼びますが、このように車の運転をしつつ「ながらスマホ」をする危険運転は社会問題となっています。例えば、直線道路で車間距離も充分に取ってあると思っても、前方を見ていないととっさのときにブレーキを踏む判断はできないため、運転中のスマホ操作は大変危険です。

アプリ操作やメール作成中の画像目的使用が事故原因に

事故の原因となるスマートフォン・携帯電話の操作は4種類に分かれます。電話を手に持って行う通話、画面注視、ハンズフリー通話、そしてその他の操作です。

この中で多い事故原因は画面注視とその他の操作です。2017年には画面注視による事故件数が、「その他の操作」を抜き、トップとなりました。2017年の事故件数は平成23年と比べると2.3倍にまで増えています。

事故件数
平成23年 409
平成24年 575
平成25年 643
平成26年 690
平成27年 846
平成28年 927

※原付以上運転者(第1当事者)の携帯電話使用等に係る交通事故の発生状況

「ながらスマホ」で事故を起こすと自動車運転処罰法違反に

そもそも運転中にスマートフォンを見ること自体が道路交通法違反です。同法では、自動車又は原動機付自転車を運転中に「自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置」に表示された画像を注視してはいけないことを規定しています。

スマホ操作をしながらの運転によって事故を起こせば、刑法においては多くの場合は自動車運転処罰法違反となります。過去の判例でもほとんどで過失運転致死傷や過失運転致傷罪が言い渡されています。

事故に遭ったときはその場に留まって相手の連絡先を確認、そして警察を呼びましょう

ながらスマホのドライバーが起こした事故に巻き込まれた場合は、相手に過失があるのは間違いありません。急いでいたとしても、連絡先だけ聞いて立ち去るようなことは相手の処分軽減に有利となるため、お勧めできません。

その場で警察を呼んで実況見分をしてもらわないと、客観的な事故状況が記録されにくくなります。目撃者の確保もしていないため、加害者は事実と違った供述をするおそれがあります。ケガと事故の関連性が疑われる可能性も否定できません。

事故後の流れ

事故が起こったら必ず警察に連絡します。通常は加害者に通報の義務がありますが、「動揺している」「警察を呼びたくない 」などの心理状態が考えられます。そのため、加害者が警察を呼ばないときには被害者のあなたが即座に警察を呼びましょう。以下が事故処理の流れです。

  1. ケガの状態を確認する
  2. 警察に連絡する
  3. 相手とその保険会社の連絡先を訊く
  4. 目撃者がいれば、連絡先を訊く
  5. 警察から事情聴取を受ける
  6. 病院に行く
  7. 相手の保険会社との示談交渉

加害者が「ながらスマホ」ながらスマホを認めない場合は相手の過失を主張しましょう

これまで述べてきたように、 ながらスマホが原因の事故は運転手側に過失があります。もしも相手がスマートフォンを見ていたことを認めたのであれば、過失割合で揉めることはあまりないでしょう。しかし、相手がスマートフォンを見ていたことを認めない場合は、こちらが相手の運転に不可解な部分があったことを主張しなくてはいけません。

というのも、前方を見ていないためにぶつかる直前にブレーキがかかっていないことや蛇行運転などのおかしな動きが必ずあるはずだからです。相手が「ながらスマホ」をしていたことを供述して、それが証明されないと、相手の過失は軽くなってしまうでしょう。

ながらスマホが原因の事故に遭ったら弁護士に相談を

交通事故では、相手の過失が多くなると損害賠償額は増額されます。保険会社は、支払う賠償額を少なくしたいために不当に低い見積りを提示してきます。法律のプロである弁護士に依頼することで妥当な金額の請求ができます。示談交渉に不安があるという方は弁護士に相談してみましょう。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故被害に遭ったら、まず弁護士に「無料相談」してください
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士をご紹介しています。実績・経験ともに豊富な弁護士事務所ばかりです。「保険会社とのやりとりがめんどう」「慰謝料・過失割合に不満がある」など、どんなお悩みにも対応することができます。

まずは「無料相談」で弁護士にお悩みを聞かせてください。交通事故に強い弁護士から「適切なアドバイス」を受けることができます。「全国対応・無料相談可能」な事務所はコチラをご覧ください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故被害に遭って、何をして良いのかわからないあなたへ
交通事故に遭うなど人生で何度も経験するものではないため、事故後「何をしていいのか」わからなくて当然。「事故発生から解決まで」の道筋をわかりやすく丁寧に解説。 交通事故被害者の味方になれるのは「弁護士」を除いて他にいません。なぜ弁護士に相談・依頼するべきなのか徹底解説。 保険会社との示談交渉はとてもめんどうです。だからといって、放置しても何も良いことはありません。むしろ被害者にとって「取り返しのつかない事態」にもなりかねません。 「慰謝料を多くもらうためにはどうすればいい?」という質問は当サイトにも多く寄せられます。増額を望むなら、慰謝料の仕組みを理解した上で交渉しなければなりません。 いつどこで交通事故に遭うか誰にもわかりません。もし真夜中に事故に遭ってしまったら・・・。そんな時でもご安心を。24時間電話対応が可能な弁護士事務所はコチラ。

当サイトがオススメする交通事故に強い弁護士【相談無料】

全国対応
ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人いろは
交通事故に強い弁護士が「保険会社との交渉代行」「後遺障害等級」まで、事故事件でお困りの被害者に代わり示談手続きを代行いたします。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

特殊なケース!補償はどうなるの?に関する記事
都道府県別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人心 池袋駅法律事務所
弁護士法人心 豊田市駅法律事務所
弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)
弁護士法人ALG&Associates 神戸支部
ベリーベスト法律事務所 町田オフィス
都道府県別で探す

北海道・東北

関東

中部・甲信越

近畿

中国・四国

九州・沖縄

広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ