事故相手が無保険(任意保険未加入)だった場合、補償はどうなるの!?

交通事故の加害者である相手が、無保険(任意保険未加入)だったというケースはよく起こります。

ドライバーの内、任意保険加入者は7割と言われており、残り3割は任意保険に入っていないのが現状です。

相手が無保険の事故の場合には十分な損害賠償が受けられないことが多く、被害者が大きく損をする可能性が高くなります。

しかし、相手が任意保険未加入の場合であっても、補償を受ける方法はあるので、決して泣き寝入りなどする必要はありません。

この記事では、事故相手が無保険だった場合に「できるだけ多くの補償を受ける方法」について詳しく解説していきます。

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ベリーベスト法律事務所

事故相手が無保険(任意保険未加入)の場合はどうすればいい?

交通事故被害に遭って場合、相手の保険会社から治療費や慰謝料などの損害賠償金を受け取ることができます。

しかし、その相手が任意保険未加入だったとしたらどうすればいいのでしょうか。

相手の自賠責保険に請求する

たとえ相手が任意保険未加入(無保険)でも、自賠責保険からの補償を受けることはできます。

自賠責保険の加入は、法律で義務づけられているので全員が加入しています。

自賠責では、以下のような項目が補償されることになります。

名称 内容
治療費 入院・通院に必要なすべての費用
入院雑費 療養に必要な物品、通信費などは1日に1,100円
付添看護費 医師が必要と認めた場合、12歳以下の子どもに近親者が付添いは1日に4,100円
交通費(通院費) バス代、電車代など実費、ケガの部位によってタクシー代も可
診断書 発行に要した必要かつ妥当な実費が支払われる
装具・器具費 松葉杖、義肢、メガネ(コンタクトレンズ)、補聴器などの実費が支払われる
休業損害 原則として、1日あたり5,700円
慰謝料 事故により肉体的・精神的苦痛を受けたことで治療期間の間は1日4,200円

ただし、自賠責保険には「人身傷害120万円(すべての項目を含む)」という上限があります。

通常、事故の損害がこの金額を超える場合、任意保険会社に請求することになります。

しかし、保険未加入なら直接相手に請求することになるので、「支払いが遅れる・支払われない」というケースが多くなっています。

また、自賠責保険は「人的損害」に対して支払われる保険なので、車両の物的損害(車の修理費など)は対象外なのでご注意ください。

ケガの治療は健康保険が使える

交通事故のケガの治療には、健康保険は使えないと考えている方がいますが、そんなことはありません。

交通事故の治療にも健康保険も使えます。そして、治療完了後は相手の自賠責保険に請求することができます。

健康保険を使うメリットとしては、

  • 治療費が3割負担で済むため、治療費を抑えられる
  • 自賠責上限「120万」の内、治療費を占める割合が減るため、十分な慰謝料や休業損害を受け取ることができる

ただし、保険の範囲内での治療になるため「治療の効果が十分に得られない可能性がある」というデメリットもあります。

事故相手が「自賠責保険に未加入」の場合は?

自賠責保険は、車を運転する人なら誰しもが加入しなければならない保険です。

しかし、中には「自賠責保険すらも未加入」という人がいるのも事実です。

こうした場合、「政府保障事業」という制度を利用して、国から補償を受けることができます。

ただし、受けられる補償額の基準は自賠責保険と同じなので、十分な金額とは言えません。

また、手続きが複雑なことに加え、健康保険や労災保険などの社会保険からの給付を優先するよう指示がある可能性が高くなっています。

そのため、「政府保障事業」は最終手段だと言えるでしょう。

自賠責保険以外で補償を受ける方法について

基本的には、まずは相手の自賠責保険に賠償を求めますが、自賠責には補償額の上限が「120万円」と定められています。

もし治療や入院が長引き、120万円を超える場合は補償されず、相手に直接請求しても払ってもらえない可能性があるのです。

実は、自賠責保険以外で十分な補償を受けられる可能性は残っています。

自分が加入する任意保険を活用する

事故相手が無保険の場合には、自分が加入する保険を確認してみてください。

加入する任意保険に「人身傷害保険」と「無保険車傷害保険」などがついていれば、補償を受けることができるでしょう。

名称 内容
人身傷害保険 事故相手の状況や過失割合に関係なく、交通事故でケガをした場合に保険金が支払われるもの。
原則として、補償の範囲には同乗者も含まれ、歩行中や自転車での事故にも適用される。
無保険車傷害保険 事故相手が保険未加入で、賠償金が払えない場合、その「不足分」を保険会社が支払うもの。
契約内容にもよるが、弁護士に依頼をすることで、弁護士(裁判)基準での補償を受けることが可能になる。
車両保険 自分の車の修理費等を補償する保険。
修理できないほどの大きな事故の場合には、車を買い替える費用にあてることもできる。

また、自分だけでなく「家族が加入する任意保険」も確認してください。なぜなら、被保険者以外にも適用されることもあるからです。

仕事・通勤中の事故なら労災保険が利用できる

事故被害が仕事や通勤中の場合、相手の保険加入・未加入に関係なく、労災保険が適用されます。

労災保険(労働者災害補償保険)は労働者が仕事中や通勤途中にケガや死亡したときに支払われる保険です。

労災保険を利用すれば、他の保険よりも手厚い補償を受けることができるでしょう。

【労災で支給される保険金】

  • 療養補償(治療費)
  • 休業補償(仕事を休むときの収入補償)
  • 傷病補償年金(治療が長引いたときなど)
  • 障害補償(後遺障害)
  • 遺族補償年金(死亡事故の場合)
  • 葬祭料(葬儀費用)

労災保険に関する詳しいことは、下記の記事を参考にしてください。

事故相手が無保険の場合、示談交渉が大変

自分の任意保険や労災保険などで、すべての損害が補償されるケースはほとんどありません。

なぜなら、事故の補償は原則事故相手に請求することになるからです。

事故相手に損害賠償を請求するには、示談交渉をする必要があります。

通常は、任意保険会社が窓口となりますが、未加入の場合には「事故の相手本人」が直接対応することになるのです。

自賠責を超える部分の賠償金を払いたくない相手が「支払いに応じてくれない」というケースは非常に多くなっています。

中には、示談交渉もせず、そのまま逃げ切ろうとする人さえいます。示談が成立しないことで損をするのは被害者だけなのです。

事故相手が無保険なら弁護士に依頼をすべき

事故相手が任意保険未加入(無保険)の場合、すぐに弁護士に相談することをお薦めします。

弁護士が入ることで、すべての交渉・手続きを代行してくれるので、被害者の負担はほとんどなくなります。

たとえ相手が無保険の場合でも、あらゆる方法を模索し、被害者が「適正な補償」を受けられるよう全力でサポートしてくれます。

相手に直接損害を請求するケースでも、分割であっても補償してくれるよう粘り強く交渉してくれます。

弁護士が入ることで、相手が素直に支払いの応じるようになるケースは多いのです。

当サイトの紹介する「交通事故に強い弁護士」に一度相談してみませんか。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故被害に遭ったら、まず弁護士に「無料相談」してください
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士をご紹介しています。実績・経験ともに豊富な弁護士事務所ばかりです。「保険会社とのやりとりがめんどう」「慰謝料・過失割合に不満がある」など、どんなお悩みにも対応することができます。

まずは「無料相談」で弁護士にお悩みを聞かせてください。交通事故に強い弁護士から「適切なアドバイス」を受けることができます。「全国対応・無料相談可能」な事務所はコチラをご覧ください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故被害に遭って、何をして良いのかわからないあなたへ
交通事故に遭うなど人生で何度も経験するものではないため、事故後「何をしていいのか」わからなくて当然。「事故発生から解決まで」の道筋をわかりやすく丁寧に解説。 交通事故被害者の味方になれるのは「弁護士」を除いて他にいません。なぜ弁護士に相談・依頼するべきなのか徹底解説。 保険会社との示談交渉はとてもめんどうです。だからといって、放置しても何も良いことはありません。むしろ被害者にとって「取り返しのつかない事態」にもなりかねません。 「慰謝料を多くもらうためにはどうすればいい?」という質問は当サイトにも多く寄せられます。増額を望むなら、慰謝料の仕組みを理解した上で交渉しなければなりません。 いつどこで交通事故に遭うか誰にもわかりません。もし真夜中に事故に遭ってしまったら・・・。そんな時でもご安心を。24時間電話対応が可能な弁護士事務所はコチラ。

当サイトがオススメする交通事故に強い弁護士【相談無料】

全国対応
ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
首都東京法律事務所
損害賠償増額交渉に自信あり!示談書にサインする前に一度ご相談ください。交通事故の被害経験を持つ弁護士が保険会社と徹底交渉します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

特殊なケース!補償はどうなるの?に関する記事
都道府県別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人ALG&Associates 神戸支部
ベリーベスト法律事務所 町田オフィス
ベリーベスト法律事務所 川越オフィス
ベリーベスト法律事務所 新宿オフィス
アイシア横浜法律事務所
都道府県別で探す

北海道・東北

関東

中部・甲信越

近畿

中国・四国

九州・沖縄

広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ