事故相手が“無免許”または“未成年”だった場合、補償はどうなるの!?

交通事故が起こった際、「無免許の相手や未成年の相手ではお金をもらえないのでは?」と心配をする人も多いですが、落ち着いて対応することが大切です。
基本的には一般的な交通事故の場合と同じように考えながら、相手の保険の状況等を早めに確かめて、交渉が有利になるようにしましょう。

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ALG&Associates

相手が“無免許”の場合、示談交渉で有利になります

相手が無免許運転をしていた場合、損害賠償の交渉では過失として重く受け止められることになり、示談交渉の際に有利になる可能性があります。

いうまでもなく無免許運転は違法行為(1年以下の懲役又は30万円以下の罰金が課せられる行為です)です。
損害賠償の交渉にあたっては、相手の「無免許運転をしていた」という過失はかなり重く受け止められることになります。

保険は(自賠責保険・対人賠償保険・対物賠償保険の場合)無免許運転でも有効ですから、相手がそれらの保険に入っていれば、保険金で補償してもらえます。

いくら支払われるかは保険会社しだいですが、保険会社が不適切な判断を下して支払い額を減らそうとすることもあります。
落ち着いて状況を確認し、納得できない点があれば法律の専門家に相談するなどして対処することが大切です。

※相手が無免許でも「被害者として損害賠償を請求する権利」は認められていますから、自身に何らかの過失があれば、保険会社にその点を厳しく見られる恐れもあります。

相手が“未成年”の場合、相手の家族に示談交渉をする

未成年が起こした交通事故では、親権者をはじめとした家族に示談交渉をして、自身に有利な内容で賠償に応じてもらえるように行動するほうが得策でしょう。

未成年者が加害者の場合、成年者と違うのは「未成年者は、補償できるような資力を持っていないことが多い」点でしょう。
保険等で全額を賄えれば別ですが、足りないことも多く、その場合は「親に請求したい」と考える人が少なくありません。

とはいえ、未成年者でも損害賠償責任は原則自分自身で負います。
民法では12歳前後までの子供については責任能力がないと規定していますが、自動車免許や二輪免許を持っている年頃であれば、責任能力ありとみなされるからです。

それでも、家族が未成年者本人に代わって補償を行うケースは珍しくありません。
自動車損害賠償保障法では、未成年者に補償ができない場合は、親権者に「運行供用者責任」が発生する例があると規定しています(以下はその一部)。

  • 車の購入時に、親が資金援助をした場合
  • 車を置く場所が親と共通している場合
  • 親も使っている車の場合

※これらのケースに該当せず、本人が賠償責任を負う場合でも、親や兄弟が未成年者本人に代わって補償をしようとするケースは多いです。
「家族の将来を守りたい」という意思が働くためでしょう。

交通事故の加害者が未成年だった際、まず相手の保険会社と交渉するほか、相手の家族と交渉するケースが大半でしょう。
相手の保険の有無や支払い能力の有無を確認することはもちろんですが、相手の家族が補償に応じてくれるかをよく確かめることも事故示談交渉において大切な要因となってきます。

相手が無免許・未成年の事故で納得できないことがあったら

相手が無免許・未成年の事故で納得できないケースも多々ある事でしょう。
まずは落ち着いて事故の状況をよく確認し、相手の保険の状況や支払い能力を正しく確認しましょう。

交渉の場で納得がいかないことがあった際、弁護士などの法律の専門家のアドバイスで解決へと導いてくれるケースが多いので、まずはご相談する事をオススメいたします。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

特殊なケース!補償はどうなるの?に関する記事
エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
上本町総合法律事務所
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 水戸支店
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 那覇支店
権藤法律事務所
深田法律事務所
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ