後遺障害の等級について

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ALG&Associates

交通事故後に治療を受けても残ってしまった機能障害や神経症状などは「後遺障害」として取り扱われます。大まかに2つに分けられ、「介護を要する後遺障害」と「後遺障害」になります。
両者の中でさらに被害ごとに等級が分かれ、その等級ごとに支払われる保険金額・労働過失率が定められています。

後遺障害等級の認定

「後遺障害等級」の認定の流れは、まず事故後治療を続けてある一定の時期が来たら、「症状固定」をします。
「症状固定」とはこれ以上治療しても改善も悪化もしない状態で、医師が決める診断方法です。「症状固定」後に初めて後遺障害等級の認定申請が可能になります。

申請先は自賠責保険会社です。自賠責保険会社を通じて損害保険料率算出機構(自賠責損害調査事務所)に対して認定申請を行います。

後遺障害等級の内訳

「後遺障害等級」は1級から14級まであります。また、1級と2級については介護が必要かどうかで分かれ、合計で16等級になります。また、1つの等級の中でも症状別に複数の項目に分かれており、いずれかに該当することでその等級を獲得できます。
※詳しくは表をご確認ください。

後遺障害等級認定の申請方法と認定期間

後遺障害等級認定の申請方法方法は2つあり、①事前認定と②被害者請求です。①は加害者側の任意保険会社が行います。②は被害者が申請します。
より上位の後遺症障害等級認定を獲得するためには、②が必要です。①は加害者側の立場ですので、どこまで綿密にやってくれるか不透明です。
②は被害者が主張する書面を整えられます。ただし、被害者のみで適切な書面を用意するのは、法律・医療などに精通していない人には困難です。後遺障害等級認定に関して経験方法な弁護士や医療コーディネーターのサポートを受けることをお奨めします。

「後遺障害」はどれくらいの期間で認定されるのかは①と②では異なります。①は任意保険会社が積極的に手続きを行わない傾向がよくあります。頻繁に催促しましょう。等級が確定すれば、加害者との示談前でも被害者請求はできます。
②は認定に通常1か月半ほどかかります。ただし、難しい事案の場合は3か月近くかかるケースもあります。

後遺障害等級の14級・12級

交通事故で一番認定が多い等級は14級と12級です。14級の該当項目は10あり、主なものとして、外見に醜状を残すものや局部に神経症状を残すものなどがあります。
12級の該当項目は15あり、主なものとして機能障害や運動障害を残すもの、骨などの変形を残すもの、体の一部を失ったもの、著しい醜状を残すもの、局部に頑固な神経症状を残すものなどが挙げられます。
※詳しくは表をご確認ください。

逸失利益について

「後遺障害等級」が定められた場合、「逸失利益」を算出します。「逸失利益」とは交通事故の後遺症のために減ってしまった収入のことです。
計算式は(基礎収入)×(労働能力喪失率)×(労働能力喪失期間によるライプニッツ係数)=「逸失利益」になります。
基礎収入とは事故当時の収入、労働能力喪失率は後遺障害等級表に明記されており、労働能力喪失期間は症状固定日から67歳まで、ライプニッツ係数とは将来の収入を今の時点で受け取るため、利息分を減らすための係数です。詳細はライプツニッツ係数表に記されています。

正当な「逸失利益」を獲得するには、「交通障害等級」と自賠責保険・任意保険の基準を理解しておく必要があります。納得のいく結果を得るためには交通事故に詳しい弁護士や専門家にぜひ、相談してみてください。

後遺障害の等級についてのまとめ
後遺障害の等級は賠償額に大きく影響を及ぼすものなので、被害者の障害がどの等級に位置するのかをしっかり知っておく事が重要です。少しでも疑問が残るのなら、その都度弁護士に相談する事をおすすめします。

後遺障害別等級表・労働能力喪失表

等級 介護を要する後遺障害 保険金額 労働能力喪失率
第1級
  1. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  2. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
4,000万円 100/100
第2級
  1. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  2. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3,000万円 100/100
備考 各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であって、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。

別表第二(第二条関係)

等級 後遺障害 保険金額 労働能力喪失率
第1級
  1. 両眼が失明したもの
  2. 咀嚼及び言語の機能を廃したもの
  3. 両上肢をひじ関節以上で失ったもの
  4. 両上肢の用を全廃したもの
  5. 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
  6. 両下肢の用を全廃したもの
3,000万円 100/100
第2級
  1. 一眼が失明し、他眼の視力が〇・〇二以下になったもの
  2. 両眼の視力が〇・〇二以下になったもの
  3. 両上肢を手関節以上で失ったもの
  4. 両下肢を足関節以上で失ったもの
2,590万円 100/100
第3級
  1. 一眼が失明し、他眼の視力が〇・〇六以下になったもの
  2. 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
  3. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  4. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  5. 両手の手指の全部を失ったもの
2,219万円 100/100
第4級
  1. 両眼の視力が〇・〇六以下になったもの
  2. 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
  3. 両耳の聴力を全く失ったもの
  4. 一上肢をひじ関節以上で失ったもの
  5. 一下肢をひざ関節以上で失ったもの
  6. 両手の手指の全部の用を廃したもの
  7. 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
1,899万円 92/100
第5級
  1. 一眼が失明し、他眼の視力が〇・一以下になったもの
  2. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  3. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  4. 一上肢を手関節以上で失ったもの
  5. 一下肢を足関節以上で失ったもの
  6. 一上肢の用を全廃したもの
  7. 一下肢の用を全廃したもの
  8. 両足の足指の全部を失ったもの
1,574万円 79/100
第6級
  1. 両眼の視力が〇・一以下になったもの
  2. 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
  3. 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  4. 一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  5. 脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
  6. 一上肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
  7. 一下肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
  8. 一手の五の手指又はおや指を含み四の手指を失ったもの
1,296万円 67/100
第7級
  1. 一眼が失明し、他眼の視力が〇・六以下になったもの
  2. 両耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  3. 一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  4. 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  5. 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  6. 一手のおや指を含み三の手指を失ったもの、又はおや指以外の四の手指を失ったもの
  7. 一手の五の手指又はおや指を含み四の手指の用を廃したもの
  8. 一足をリスフラン関節以上で失ったもの
  9. 一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  10. 一下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  11. 両足の足指の全部の用を廃したもの
  12. 女子の外貌に著しい醜状を残すもの
  13. 両側の睾丸を失ったもの
1,051万円 56/100
第8級
  1. 一眼が失明し、又は一眼の視力が〇・〇二以下になったもの
  2. 脊柱に運動障害を残すもの
  3. 一手のおや指を含み二の手指を失ったもの、又はおや指以外の三の手指を失ったもの
  4. 一手のおや指を含み三の手指の用を廃したもの、又はおや指以外の四の手指の用を廃したもの
  5. 一下肢を五センチメートル以上短縮したもの
  6. 一上肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
  7. 一下肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
  8. 一上肢に偽関節を残すもの
  9. 一下肢に偽関節を残すもの
  10. 一足の足指の全部を失ったもの
819万円 45/100
第9級
  1. 両眼の視力が〇・六以下になったもの
  2. 一眼の視力が〇・〇六以下になったもの
  3. 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  4. 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  5. 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
  6. 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
  7. 両耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  8. 一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  9. 一耳の聴力を全く失ったもの
  10. 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  11. 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  12. 一手のおや指又はおや指以外の二の手指を失ったもの
  13. 一手のおや指を含み二の手指の用を廃したもの又はおや指以外の三の手指の用を廃したもの
  14. 一足の第一の足指を含み二以上の足指を失ったもの
  15. 一足の足指の全部の用を廃したもの
  16. 生殖器に著しい障害を残すもの
616万円 35/100
第10級
  1. 一眼の視力が〇・一以下になったもの
  2. 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
  3. 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
  4. 十四歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  5. 両耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  6. 一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  7. 一手のおや指又はおや指以外の二の手指の用を廃したもの
  8. 一下肢を三センチメートル以上短縮したもの
  9. 一足の第一の足指又は他の四の足指を失ったもの
  10. 一上肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
  11. 一下肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
461万円 27/100
第11級
  1. 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  2. 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  3. 一眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  4. 十歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  5. 両耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  6. 一耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  7. 脊柱に変形を残すもの
  8. 一手のひとさし指、なか指又はくすり指を失ったもの
  9. 一足の第一の足指を含み二以上の足指の用を廃したもの
  10. 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
331万円 20/100
第12級
  1. 一眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  2. 一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  3. 七歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  4. 一耳の耳殻の大部分を欠損したもの
  5. 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
  6. 一上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
  7. 一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
  8. 長管骨に変形を残すもの
  9. 一手のこ指を失ったもの
  10. 一手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
  11. 一足の第二の足指を失ったもの、第二の足指を含み二の足指を失ったもの、又は第三の足指以下の三の足指を失ったもの
  12. 一足の第一の足指又は他の四の足指の用を廃したもの
  13. 局部に頑固な神経症状を残すもの
  14. 男子の外貌に著しい醜状を残すもの
  15. 女子の外貌に醜状を残すもの
224万円 14/100
第13級
  1. 一眼の視力が〇・六以下になったもの
  2. 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
  3. 一眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  4. 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  5. 五歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  6. 一手のこ指の用を廃したもの
  7. 一手のおや指の指骨の一部を失ったもの
  8. 一下肢を一センチメートル以上短縮したもの
  9. 一足の第三の足指以下の一又は二の足指を失ったもの
  10. 一足の第二の足指の用を廃したもの、第二の足指を含み二の足指の用を廃したもの、又は第三の足指以下の三の足指の用を廃したもの
  11. 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの
139万円 9/100
第14級
  1. 一眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  2. 三歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  3. 一耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  4. 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  5. 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  6. 一手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
  7. 一手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
  8. 一足の第三の足指以下の一又は二の足指の用を廃したもの
  9. 局部に神経症状を残すもの
  10. 男子の外貌に醜状を残すもの
75万円 5/100
備考
  1. 視力の測定は、万国式試視力表による。屈折異状のあるものについては、矯正視力について測定する。
  2. 手指を失ったものとは、おや指は指節間関節、その他の手指は近位指節間関節以上を失ったものをいう。
  3. 手指の用を廃したものとは、手指の末節骨の半分以上を失い、又は中手指節関節若しくは近位指節間関節(おや指にあつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
  4. 足指を失ったものとは、その全部を失ったものをいう。
  5. 足指の用を廃したものとは、第一の足指は末節骨の半分以上、その他の足指は遠位指節間関節以上を失ったもの又は中足指節関節若しくは近位指節間関節(第一の足指にあっては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
  6. 各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であって、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。
注意事項
(注1)後遺障害が2つ以上ある時は、重い方の後遺障害の等級による。しかし、下記に掲げる場合においては等級を次の通り繰り上げる。
  1. 第13級以上に該当する後遺障害が2つ以上あるときは、重いほうの後遺障害等級を1級繰り上げる。ただし、それぞれ後遺障害に該当する保険金額の合算値が繰り上げ後の後遺障害の保険金額を下回る場合は、その合算値を保険金額として採用する。
  2. 第8級以上に該当する後遺障害が2つ以上あるときは、重いほうの後遺障害の等級を2級繰り上げる。
  3. 第5級以上に該当する後遺障害が2つ以上あるときは、重いほうの後遺障害の等級を3級繰り上げる。
(注2)既に後遺障害のある者が更に同一部位について後遺障害の程度を加重したときは、加重後の等級に応じる保険金額から既にあった後遺障害の等級に応じる保険金額を控除した金額を保険金額とする。
交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

アーク東京法律事務所
【夜間、土日も対応】交通事故でより良い解決をするために弁護士が保険会社との示談交渉に介入し慰謝料の増額を実現します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

ゆう法律事務所
事故被害を受けた方のあらゆる悩みにお応えします。後遺障害の認定、保険会社との交渉など適正な賠償額を獲得するために全力で対応します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人・響
【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決。

お問い合わせ

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

まずは、今のお悩みを弁護士にお話してみてはいかがでしょうか?

オススメの弁護士や法律事務所をご紹介
交通事故発生後「しておくべき事」
交通事故の被害者のまずすべき事
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合や代車の費用など
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
示談交渉をするタイミングについて
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談内容と示談書について
交通事故の示談をしないとどうなる?
弁護士費用特約とは?
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残ってしまった場合
後遺障害の等級について
後遺障害等級認定と異議申立
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
傷害・人身事故が発生した場合
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故慰謝料・賠償請求と人身事故
追突や衝突、接触事故が発生した場合
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人フレア法律事務所 福岡オフィス
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 金沢支店
弁護士法人泉総合法律事務所 川越支店
弁護士法人泉総合法律事務所 北千住支店
弁護士 安孫子 英彦(安孫子総合法律事務所)
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ