後遺症が残ってしまった場合

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ベリーベスト法律事務所

交通事故が原因でケガを負い、今後の生活に影響を及ぼす場合は後遺障害として認められるケースがあります。
認定された場合、通常の慰謝料とは別に後遺障害慰謝料と逸失利益を請求することができます。認定のためには後遺障害の申請が必要になります。

後遺障害の認定を申請するには2つあります。それは事前認定被害者請求です。両者は大きくことなる方法です。

事前認定をほとんどの方が選択し後遺障害申請を行っていますが、これが一般的と思わないでください。たいていの被害者が事前認定と被害者請求の違いすら理解できていない状況で、加害者が加入している任意保険会社のいいなり状態で事前認定してしまっている場合が大多数です。

事前認定

事前認定とは、加害者の任意保険会社がすべての資料を作成し申請を行うものです。
通常、提出する資料は被害者の目に触れることはありません。どんなに親身になってくれる任意保険会社でも加害者側の立場であり、利益を追求する民間企業です。
交通事故において保険会社が提示する示談金額は、妥当な賠償金額より低額であるケースがほとんどです。

被害者は治療のために通院する場合がほとんどですが、3か月、6か月などの治療期間を目安に、任意保険会社は病状固定を被害者に促してきます。
病状固定とは賠償期間の終了を意味しますので、完治しなくても打ち切りになってしまうケースも少なくありません。中には、一方的に後遺障害診断書などが送られてくる場合もあります。

被害者請求

被害者請求は保険会社にお任せでなく自分自身で行わなければなりません。全ての必要書類を記入し請求をしたり、また治療費などを一時立て替えなければならないケースもあります。
少し面倒に思われがちですが弁護士や専門家に相談しながらであれば、それほど困難なことではありません。また、内容を把握しているので納得のできる後遺障害慰謝料と逸失利益を請求できます。

後遺障害の請求期限

請求期限は自賠責保険の場合、後遺症の症状が固定した翌日から3年です。任意保険の場合も3年ですが例外もあります。平成22年3月31日以前に結ばれた契約は2年で時効となる場合もあるので要注意です。

後遺症が残った場合の対処方法

十分な慰謝料を受け取り、精神的負担を減らすためにも交通事故に精通している弁護士や専門家に依頼することを推奨します。

依頼するメリットとしては大まかに2つあります。
一つは保険会社から提示された賠償金の増額です。もう一方は、被害者の精神的負担の軽減です。

後遺障害診断書、保険会社への請求方法などの事務手続きを、事故で心身ともに弱っているときに自分だけで行おうとすると、その精神的負担は莫大なものになります。
また、書類の請求漏れも防ぐことができます。被害者の大半が初めての交通事故に遭われたわけですから、様々な手続きにおいて遅れがちになってしまう、最後までわからずじまいで請求がうやむやになってしまうなどという場合が、決して少なくありません。

初回は無料相談を行っている法律事務所が全国各地にあります。
また、被害者が加入している任意保険に弁護士費用特約が付いている場合、弁護士費用は保険会社から支払われます(上限300万円)。弁護士費用の負担はゼロになる場合がほとんどです。本人が加入していなくても、家族が加入していることでこの制度を受けられるケースもありますので必ず確認しましょう。

保険に加入していなくても、精神的な面で結果的に弁護士という専門家に相談してよかったという被害者は大勢います。金銭的な面を考慮しても後遺障害等級が自力で行うより上がり、より多くの給付を受けられたり保険会社からの提示額が大幅に変わったりする場合が多いです。
被害者が納得し、遺憾を残さず解決できるベストの方法と言えるでしょう。

後遺症が残ってしまった場合についてのまとめ
事故において、被害者に後遺症が残ってしまった場合は「後遺症の等級」を認定をおこないます。その際、事前認定で加害者の任意保険会社にすべてを任せると妥当な金額を得られない可能性がある為、被害者請求を選び弁護士や専門家に相談することをすすめます。
交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

アーク東京法律事務所
【夜間、土日も対応】交通事故でより良い解決をするために弁護士が保険会社との示談交渉に介入し慰謝料の増額を実現します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

ゆう法律事務所
事故被害を受けた方のあらゆる悩みにお応えします。後遺障害の認定、保険会社との交渉など適正な賠償額を獲得するために全力で対応します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人・響
【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決。

お問い合わせ

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

まずは、今のお悩みを弁護士にお話してみてはいかがでしょうか?

オススメの弁護士や法律事務所をご紹介
交通事故発生後「しておくべき事」
交通事故の被害者のまずすべき事
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合や代車の費用など
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
示談交渉をするタイミングについて
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談内容と示談書について
交通事故の示談をしないとどうなる?
弁護士費用特約とは?
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残ってしまった場合
後遺障害の等級について
後遺障害等級認定と異議申立
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
傷害・人身事故が発生した場合
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故慰謝料・賠償請求と人身事故
追突や衝突、接触事故が発生した場合
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人フレア法律事務所 福岡オフィス
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 金沢支店
弁護士法人泉総合法律事務所 川越支店
弁護士法人泉総合法律事務所 北千住支店
弁護士 安孫子 英彦(安孫子総合法律事務所)
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ