脊髄損傷の後遺障害と等級

「脊髄損傷(せきずいそんしょう)」とは、主として脊柱に強い力が加わったことによって脊椎が損壊し、脊髄に損傷を受けた病態を言います。

損傷部以下の神経が麻痺してしまい、運動・知覚・自律機能に障害が生じます。

損傷部位が頭部に近いほど障害が重くなる傾向にあり、交通事故や高所からの転落、落下物の下敷きやスポーツ外傷などが原因となる場合が多いです。

脊髄を含む中枢神経系は末梢神経と異なっていて再生しにくいことから、治療は極めて困難だとされていて、幹細胞を用いることで、中枢神経の機能を再生させる治療法の研究が進められているところです。

受傷原因のおよそ半数が、交通事故によるものだと言われています。

ここでは脊髄損傷の症状や後遺障害等級について詳しく解説していきます。

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ベリーベスト法律事務所

脊髄損傷の症状

脊髄損傷の症状は損傷の度合いによって、「完全麻痺」「不全麻痺」に分けられます。

完全麻痺は、脊髄が横断的に離れてしまい、神経伝達機能が完全に絶たれた状態です。
不全麻痺は、脊髄の一部が損傷・圧迫などを受けているものの、一部の機能が残存している状態になります。

完全麻痺

  • 脳からの運動命令が届かずに運動機能が失われる
  • 上位中枢へ感覚情報を送ることができなくなるために感覚知覚機能が失われる
  • 自律神経系が損なわれる(汗をかく、鳥肌が立つ、血管を収縮・拡張させるなど)
  • 代謝が不活発となるために外傷などが治りにくくなる

脊髄損傷の診断基準

身体に麻痺が存在し、MRIやX線(レントゲン)にて脊椎や脊髄の損傷部位が明らかになった場合、脊髄損傷と診断されます。まずはどのような経緯で受傷したかを問診した後、局所の症状を見ていきます(痛みの部位・圧痛・ハンマーで叩いた時の痛みの有無など)。どの部位の脊椎損傷の場合であっても、神経学的な検査が必ず行われます。

※各種神経学的検査(四肢腱反射・筋力検査・知覚検査など)を行い、脊髄・馬尾(ばび)・神経根の損傷による麻痺の有無や程度を念入りに確認していきます。

脊髄損傷の後遺障害等級

交通事故によって脊髄損傷と診断された場合、後遺症が残っていると、後遺障害の等級認定がされます。

後遺障害等級の認定基準

  • 麻痺の範囲:四肢麻痺・対麻痺・単麻痺
    対麻痺…両下肢のみの運動麻痺がある状態のこと
    単麻痺…四肢のうち一肢のみの運動麻痺がある状態のこと
  • 麻痺の程度:高度・中等度・軽度
  • 介護の有無や程度
1級1号 神経系統の機能や精神に著しい障害を残し、生命維持に必要な動作において常に他人の介護を要する状態
※高度な四肢麻痺、対麻痺、食事・入浴・用便・更衣などに常に介護を要する中程度の四肢麻痺
2級1号 神経系統の機能や精神に著しい障害を残し、生命維持に必要な動作において随時他人の介護を要する状態
※中等度の四肢麻痺、食事・入浴・用便・更衣などに随時介護を要する軽度の四肢麻痺・対麻痺
3級3号 神経系統の機能や精神に著しい障害を残し、生命維持に必要な動作は可能であるが(終身)労務ができない状態
※軽度の四肢麻痺、中等度の対麻痺
5級2号 神経系統の機能や精神に著しい障害を残し、極めて軽易な労務以外はできない状態
※軽度の対麻痺、一下肢の高度の単麻痺
7級4号 神経系統の機能や精神に障害を残し、就労可能な職種の範囲が制限される状態
※一下肢の軽度の単麻痺
12級13号 局部に頑固な神経症状を残すものの、通常の労務はできる状態
※支障がほぼ認められない程度の軽微な麻痺、運動障害はないが広範囲に渡る感覚障害

後遺障害の申請をする時には、脊髄損傷の症状を正しく判断する必要があります。自身の症状と等級が合わない場合、専門家に相談することをお勧めします。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故被害に遭ったら、まず弁護士に「無料相談」してください
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士をご紹介しています。実績・経験ともに豊富な弁護士事務所ばかりです。「保険会社とのやりとりがめんどう」「慰謝料・過失割合に不満がある」など、どんなお悩みにも対応することができます。

まずは「無料相談」で弁護士にお悩みを聞かせてください。交通事故に強い弁護士から「適切なアドバイス」を受けることができます。「全国対応・無料相談可能」な事務所はコチラをご覧ください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故被害に遭って、何をして良いのかわからないあなたへ
交通事故に遭うなど人生で何度も経験するものではないため、事故後「何をしていいのか」わからなくて当然。「事故発生から解決まで」の道筋をわかりやすく丁寧に解説。 交通事故被害者の味方になれるのは「弁護士」を除いて他にいません。なぜ弁護士に相談・依頼するべきなのか徹底解説。 保険会社との示談交渉はとてもめんどうです。だからといって、放置しても何も良いことはありません。むしろ被害者にとって「取り返しのつかない事態」にもなりかねません。 「慰謝料を多くもらうためにはどうすればいい?」という質問は当サイトにも多く寄せられます。増額を望むなら、慰謝料の仕組みを理解した上で交渉しなければなりません。 いつどこで交通事故に遭うか誰にもわかりません。もし真夜中に事故に遭ってしまったら・・・。そんな時でもご安心を。24時間電話対応が可能な弁護士事務所はコチラ。

当サイトがオススメする交通事故に強い弁護士【相談無料】

全国対応
ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

後遺障害の症状と等級の紹介に関する記事
都道府県別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
ベリーベスト法律事務所 岸和田オフィス
ベリーベスト法律事務所 柏オフィス
松村法律事務所
ベリーベスト法律事務所 宇都宮オフィス
北千住いわき法律事務所
都道府県別で探す

北海道・東北

関東

中部・甲信越

近畿

中国・四国

九州・沖縄

広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ