PTSDの後遺障害と等級

PTSDとは「心的外傷後ストレス障害」、posttraumatic stress disorder の略称です。

具体的に戦争や地震などの災害、テロや(交通)事故、犯罪事件などを体験した後、忍耐の限界を超えたストレスが生じることを指し、心身の障害になります。

思いがけない時に不安が増大して不眠が続き、些細なことであれ反応を示すことがあります。

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ALG&Associates

PTSDの症状

PTSDでは、不安、鬱(うつ)状態、パニック(※恐れ慌てること)、フラッシュバック(※過去の出来事がはっきりと思い出されること)などが代表的な症状として挙げられています。

前述した症状の持続状態が3ヶ月以内の時は、急性PTSDと呼びます。持続状態が3ヶ月以上の時は、慢性PTSDと呼びます。

しかしながらも多くの場合、半年を経ても精神の変調が続くことが多いそうです。だからこそPTSDの治療には、精神医学や心理学の専門家だけでなく、看護師や保健師、ケースワーカーなどがチームを組むことが望ましいと言われています。

■交通事故とPTSDの関係
交通事故における重傷患者の約3割が、交通事故からおよそ1ヵ月後にPTSDや鬱病(※気が滅入って気力が出ずに、劣等感・不安・えんせい的気分・絶望感などに囚われる精神障害の一種)などの精神疾患を発症しているのが実情です。鬱病とPTSDは、相互に合併している例が多くあります。ちなみに、単純追突でPTSDは起こり得ません。

不安 事故現場や運ばれた病院を恐れる、いつも緊張している、眠れないなど
鬱状態 意欲の低下、感情の縮小など
パニック 過度に音に敏感になる、事故関連のことを回避しようとするなど
フラッシュバック 再体験、悪夢など

救急医療が発展したことにより、重傷患者の生存率は向上するようになりましたが、その一方で、こうした後遺障害を抱えながらリハビリを続けている人の割合も増えているのです。特に事故の際に生命の脅威を感じた場合、恐怖の記憶が強かった場合、入院時の心拍数が高かった場合、精神疾患を発症しやすい傾向にあるそうです。

精神疾患を発症してしまうと、怪我の回復だけでなく、リハビリや社会復帰にも影響する可能性があるので、事故の後に精神的な不調を感じたら、早めに精神科や心療内科を受診しましょう。

PTSDの診断基準

PTSDの診断は一般的に、米国精神医学会が提唱した「DSM―Ⅳ基準」によって行われています。これは、患者が訴える症状に焦点をあてた診断方法です。

前提:死に直面する出来事を実際に経験した・その場面を目撃した場合

  • 気分が沈み何に対しても興味がわかない
  • 食欲が低下して寝付きが悪い
  • 自分に価値がなく申し訳ないと感じる
  • いらいらして落ち着きがない

※上記に伴い、著しい苦痛を感じていたり、社会的な活動・仕事や家事などにかなりの支障があったりすることの確認が必要になります。

こうした症状が1ヶ月以上継続して起こった場合、PTSDと診断されます。

PTSDの等級

PTSDや鬱病などの非器質性精神障害には、後遺障害等級の認定基準があります。

非該当 精神障害はあるが、日常生活や社会生活が普通にできる場合
9級 通常の労務はできるが、就労可能な職種に制限がされる場合
※常に援助を必要とする
12級 通常の労務はできるが、多少の障害を残す場合
※随時援助を必要とする
14級 通常の労務はできるが、軽微な障害を残す場合
※日常生活や社会生活に一定の制限を受ける

交通事故によるPTSDの発症には、未だに疑問が持たれており、発症したとしても例外的な事柄に過ぎないという見方が存在します。しかしながらも診断基準だけでなく、自賠責や裁判所の認定基準も整理されてきているので、等級と自身の症状が合わない場合には専門家に相談することをお勧めします。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

アーク東京法律事務所
【夜間、土日も対応】交通事故でより良い解決をするために弁護士が保険会社との示談交渉に介入し慰謝料の増額を実現します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

ゆう法律事務所
事故被害を受けた方のあらゆる悩みにお応えします。後遺障害の認定、保険会社との交渉など適正な賠償額を獲得するために全力で対応します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人・響
【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決。

お問い合わせ

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
交通事故発生後「しておくべき事」
交通事故の被害者のまずすべき事
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合や代車の費用など
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
示談交渉をするタイミングについて
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談内容と示談書について
交通事故の示談をしないとどうなる?
弁護士費用特約とは?
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残ってしまった場合
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定と異議申立
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
傷害・人身事故が発生した場合
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故慰謝料・賠償請求と人身事故
追突や衝突、接触事故が発生した場合
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人 泉総合法律事務所 川崎支店
弁護士法人心 柏駅法律事務所(旧柏みらい法律事務所)
弁護士法人フレア法律事務所 福岡オフィス
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 金沢支店
弁護士法人泉総合法律事務所 川越支店
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ