後遺障害の等級認定までの期間はどれくらい?対応が遅い場合の対処法

交通事故で後遺障害を負った被害者が、納得のいく慰謝料を受け取るためには、「後遺障害等級認定」が必要不可欠です。後遺障害等級認定を受けることで、被害者は「後遺障害慰謝料」や「後遺障害逸失利益」などの損害賠償金を受け取ることができます。

その一方で、後遺障害等級認定の申請は手間がかかる上、さまざまな要因により等級認定に時間がかかるということが珍しくありません。もし、後遺障害等級認定の結果が遅れてしまうと、被害者は後遺障害慰謝料などの損害賠償金を早急に受けとることができません。

そのような事態に陥らないためにも、交通事故の被害者が後遺障害等級認定までの期間や、対応が遅い場合の対処法を把握しておくことは重要です。

この記事では、

  • 後遺障害等級認定の基本情報
  • 後遺障害等級認定までにかかる期間
  • 後遺障害等級認定が遅い場合の対処法

以上3点を、法律に詳しくない方でもわかりやすいように解説しています。後遺障害等級認定でお悩みの方のご参考になれば幸いです。

後遺障害等級認定とは

「後遺障害等級認定」とは、わかりやすく説明すると、「交通事故で負った後遺症を、後遺症の程度によって国が等級付を行うこと」です。

後遺障害等級認定は、国土交通省の定める「後遺障害等級表(リンク先:『後遺障害等級表』国土交通省)」を基準に、保険会社をとおして最終的に金融庁の監督下にある「損害保険料率算出機構」が査定を行います。

認定の基準となる「後遺障害等級表」は、

  • 聴力や視力の低下
  • 上下肢などの欠損および機能障害
  • 言語障害の発生
  • 神経や精神などの障害

といった障害を、最重度の第1級から最軽度の第14級まで分類しており、それぞれの認定条件が細かく記載されています。

保険会社は認定された等級をもとに、「後遺障害慰謝料」や「後遺障害逸失利益」を算出します。もし、被害者の負った障害が、どの基準も満たさないとされた場合には、後遺障害なし(非該当)となり、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益といった損害賠償金を被害者は受け取れなくなってしまいます。

慰謝料を含む損害賠償金は、事故の被害者の生活を支える経済的な柱となります。したがって、後遺障害等級認定はそれらの損害賠償請求に関わる重要な手続きとなるため、被害者は自分の納得のいく等級を認定してもらう必要があるのです。

後遺障害等級認定の申請方法

後遺障害等級認定には、

  • 事前認定
  • 被害者請求

という2つの申請方法が存在します。どちらの方法を選ぶかによって、認定される等級に差が生じる可能性があるため、申請方法の選択には注意が必要です。

事前認定

「事前認定」とは、加害者側の任意保険会社が被害者の代わりに手続きを代行してくれる申請方法です。

事前認定は、保険会社が後遺障害等級認定の手続きを代行してくれるわけですから、被害者としては手間がかからないというメリットがあります。一方で、保険会社がすべて事務的に作業を行うため、適切な等級に認定されない場合があるというデメリットが生じます。

被害者請求

「被害者請求」とは、任意保険会社を通さずに、被害者自身が必要書類などを揃えて申請する申請方法です。

事前認定では保険会社が代行してくれる「診断書」や「レントゲン」などの必要書類の取り寄せ作業を自ら行うわけですから、そのぶん手間がかかります。

ただし、後遺障害等級認定に詳しい弁護士や医師などの専門家による提出書類の確認などを行えるため、納得のいく後遺障害等級が認められる可能性が高まるというメリットがあります。

補足となりますが、事前認定と被害者請求をより詳しく知りたい方は以下の記事をご参考ください。

【参考】後遺障害等級認定において被害者請求をおすすめする理由とその手続き

後遺障害等級認定までの流れ

後遺障害等級が認定されるまでの流れは以下の通りです。被害者自身が認定までの全体像を把握しておくことは重要ですので、必ず確認するようにしてください。

  1. 必要書類を揃える(診断書・診療報酬明細書・後遺障害診断書・MRIやCT画像など)
  2. 書類を保険会社に提出し申請を開始する。
  3. 保険会社が損害保険料率算出機構へ査定を依頼する
  4. 損害保険料率算出機構で調査が行われ、認定結果が出される
  5. 結果が被害者へ通知される
  6. 後遺障害等級認定に該当する保険金が支払われる(被害者請求の場合)

後遺障害等級認定にかかる期間はどれくらい?

後遺障害等級認定の審査に申し込むと、基本的には辛抱強く認定結果を待つのみです。ただ、被害者としてはいつ頃結果が出るのか見込みを知りたいところです。

後遺障害等級認定の審査結果は主に、

  • 軽度の後遺症
  • 複数の後遺症
  • 重度(特定事案)の後遺症

の3つで審査にかかる期間が異なります。以下で詳しく解説します。

むち打ち等の軽度の後遺症

後遺障害等級12級から14級9号で認定されることの多い、むち打ちなどの軽度の後遺症の場合は、1〜2ヶ月で結果が出ることが通常です。

補足になりますが、下記に損害保険料率算出機構が公表している認定までの所要日数表(2017年度)を掲載しておりますので、後遺障害等級認定にかかる期間の参考にしてください。

【後遺障害】自賠責損害調査事務所における損害調査所要日数(2017)

損害調査所要日数

[引用元]損害保険料率算出機構編 2017年度 自動車保険の概況 テキスト36ページ

複数の後遺症がある場合

軽い接触事故ではなく、大きな事故の被害者になってしまった場合は、後遺症を複数負ってしまう場合があります。

そのような「併合認定」の場合は3ヶ月以上かかるのが通常とされており、軽度の障害と比較して時間がかかります。複数の障害がある場合には、その分後遺障害慰謝料も高額になりますから、被害者としては心配が大きくなる原因ともなります。

高次脳機能障害などの特定事案の場合

高次脳機能障害に代表される「特定事案」の場合は、審査にあたって専門家によって構成される自賠責審査会での審査となります。そのため、認定結果の通知まで、長くて半年以上かかる場合があります。

後遺障害等級認定が遅れる原因

後遺障害等級認定に時間がかかる理由は、

  • 医療照会に時間がかかっている
  • 特定事案により審査に時間がかかっている
  • 保険会社の手続きの滞り

以上3点が主な原因です。以下でそれぞれを解説します。

医療照会に時間がかかっている

損害保険料率算出機構の審査事務所が、被害者が申請時に提出した書類のみでは後遺障害の認定が難しいと判断した場合、病院の担当医師に問い合わせ確認などを行う「医療照会」を行うため、認定まで期間が長引くケースがあります。

特定事案により審査に時間がかかっている

先述した高次脳機能障害などに代表される、「特定事案」に当てはまる後遺障害の審査は、調査事務所の上部機関である本部にて、通常の審査以上に慎重に調査が行わるため、認定が遅れる場合があります。

保険会社での審査が滞っている

本来であれば保険会社の担当者と被害者が、一対一で後遺障害等級認定の手続きを進めていくことが被害者救済の観点からすると正しいと言えます。ただし、保険会社の担当者は、同時に複数の案件を受け持っていることが通常です。

そのため、保険会社の担当者が多忙な時期などの理由により、申請手続きが滞っている場合があります。

後遺障害等級認定が遅い場合の対処法

後遺障害等級認定が遅い場合に被害者ができる対処法は、

  • 保険会社に問い合わせる
  • 弁護士に相談する
  • 辛抱強く待つ

以上3点になります。それぞれを解説します。

保険会社に問い合わせる

申請の手続きを任意保険会社を通して「事前認定」で行ったのであれば、保険会社に問い合わせてみるのが良いでしょう。もし、保険会社内で申請の手続きが滞っていた場合には、連絡をきっかけに申請状況が進む可能性があります。

ただし、後遺障害等級認定が終わった後も保険会社との関係は続くわけですから、苦情のような形で電話をするのは控えるようにしましょう。保険会社の連絡は、あくまで確認程度にするようにしてください。

弁護士に相談する

後遺障害等級認定までの期間が気になる場合には、弁護士へ相談するのも対処法のひとつです。

とくに、交通事故の案件に詳しい弁護士であれば、後遺障害等級認定の経験が豊富であるため、認定までにどの程度期間を要するのかを予測することができます。さらに、万が一等級が不認定という結果が出た場合に、弁護士と連携をとっておくことでスムーズに異議申し立てを行うことも可能です。

被害者請求の場合は焦らず待つことも重要

任意保険会社に申請手続きを代行せずに、被害者自らが「被害者請求」を行った場合、申請後にできることは焦らずに辛抱強く待つことのみです。

被害者請求を行うと申請事務所から定期的に進捗の連絡がくるため、そこまで神経質になる必要はありません。

万が一、認定に時間がかかるあまり、認定前に示談を成立させてしまうと、当初の想定より上の等級が認められた場合の差額は請求できません。さらに任意保険会社に、早く賠償金を受け取りたいのだと思わせてしまう場合もあり、足元を見られることも考えられます。そのため辛抱強く待つことも効果的な対処法です。

まとめ

後遺障害等級認定は、交通事故の被害者が適切な損害賠償金を受けとるための重要な手続きです。

もし納得のいかない後遺障害等級を受け入れてしまえば、本来受け取れるはずの損害賠償金が受け取れないことになってしまいます。そのため、後遺障害等級認定の手続きは、交通事故に詳しい弁護士と連携をとることをおすすめします。

交通事故に強い弁護士に依頼することで、

  • 後遺障害等級認定の申請のアドバイス
  • 被害者請求の申請代行
  • 異議申立をする場合の手続き代行

といったサポートを受けることが可能です。

後遺障害等級認定でお困りの方は、当サイトでご紹介している実績のある弁護士の無料相談を受けてみることをご検討ください。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故被害に遭ったら、まず弁護士に「無料相談」してください
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士をご紹介しています。実績・経験ともに豊富な弁護士事務所ばかりです。「保険会社とのやりとりがめんどう」「慰謝料・過失割合に不満がある」など、どんなお悩みにも対応することができます。

まずは「無料相談」で弁護士にお悩みを聞かせてください。交通事故に強い弁護士から「適切なアドバイス」を受けることができます。「全国対応・無料相談可能」な事務所はコチラをご覧ください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故被害に遭って、何をして良いのかわからないあなたへ
交通事故に遭うなど人生で何度も経験するものではないため、事故後「何をしていいのか」わからなくて当然。「事故発生から解決まで」の道筋をわかりやすく丁寧に解説。 交通事故被害者の味方になれるのは「弁護士」を除いて他にいません。なぜ弁護士に相談・依頼するべきなのか徹底解説。 保険会社との示談交渉はとてもめんどうです。だからといって、放置しても何も良いことはありません。むしろ被害者にとって「取り返しのつかない事態」にもなりかねません。 「慰謝料を多くもらうためにはどうすればいい?」という質問は当サイトにも多く寄せられます。増額を望むなら、慰謝料の仕組みを理解した上で交渉しなければなりません。 いつどこで交通事故に遭うか誰にもわかりません。もし真夜中に事故に遭ってしまったら・・・。そんな時でもご安心を。24時間電話対応が可能な弁護士事務所はコチラ。

当サイトがオススメする交通事故に強い弁護士【相談無料】

全国対応
ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人えん
交通事故に強い弁護士が「保険会社との交渉代行」「後遺障害等級」まで、事故事件でお困りの被害者に代わり示談手続きを代行いたします。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

後遺障害の症状と等級の紹介に関する記事
都道府県別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
ベリーベスト法律事務所 浜松オフィス
ベリーベスト法律事務所 滋賀草津オフィス
ベリーベスト法律事務所久留米オフィス
弁護士法人えん(全国対応)
ベリーベスト法律事務所 湘南藤沢オフィス
都道府県別で探す

北海道・東北

関東

中部・甲信越

近畿

中国・四国

九州・沖縄

広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ