交通事故で後遺障害等級1級・2級(要介護認定)となってしまったら

交通事故で重傷を負い、日常生活を営むのに介護が必要になってしまった場合、家族や親族には大きな負担がのしかかります。介護に要する時間や費用をどう賄えば良いのか。手続きや、損害賠償の内容などから考えてみたいと思います。

後遺障害等級認定

後遺障害が残った場合には、障害の程度によって(もっとも重たい)1級から(もっとも軽い)14級までの後遺障害の等級認定を受けることが可能です。

後遺障害等級認定とは、被害者個人の損害算出を迅速かつ公平に行うため、後遺障害を16等級142項目の等級に分類し、この中のいかなる等級に該当するかの判断をいいます。この後遺障害等級は、自賠責保険や、任意保険での採用はもちろん、裁判においても参考にされるほど重要な規定です。

要介護の場合は後遺障害等級認定1級・2級に

介護が必要な場合、後遺障害等級認定における、1級もしくは2級の認定を受けることができます。しかし、後遺障害別等級表の別表2に記されている通り、介護が必要ではないケースにおいても1級と2級が存在するので注意しましょう。二つの大きな違いは、自賠責保険金額の相異にあります。

症状固定後にすべきこと

被害者とその家族は、いわゆる症状固定後に、後遺障害等級認定を申請することができます。症状固定とは、治療を続けても改善の見込みがなく、長期的にみて回復・悪化がなくなった段階を意味します。

事故発生から症状固定までの期間は、傷害部分として、治療費や休業損害、入通院慰謝料等を請求できまず。その一方で、症状固定後に後遺障害等級認定を受ければ、後遺障害部分として、後遺障害慰謝料はもちろん、逸失利益や介護料等を請求することが可能になります。

症状固定後は、それ以前の段階の治療費等の請求権を失いますので慎重に進めるようにしましょう。

後遺障害等級認定の仕組み

後遺障害等級認定を受ける際に必要な書類に、後遺障害診断書があります。これは、被害者側が担当医師に依頼して作成してもらうものです。

この診断書を含めた書類が保険会社等に提出されると、当該保険会社等は、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所に請求書類を送付。この自賠責損害調査事務所が、等級を認定して保険会社等に通知する、という手順を踏むことになります。

後遺障害診断書は、損害保険料率算出機構が後遺障害等級認定を決めるうえで重要な書類となるので、あくまでも認定を受けられるに足る書類として完成することが大切です。

弁護士を介さない示談金の受け入れはリスキー

症状固定までに発生した治療費等の被害者側の請求を受け入れた加害者側の保険会社は、後遺障害等級が認定されて賠償額が算出された後で示談金を提示してくることになります。ところが、被害者側が弁護士を介していない場合には、こうした示談金額は、適正な金額からかけ離れていることが多く、被害者側にとっては受け入れるリスクが大きいものになってしまいます。

自賠責基準に納得できない場合も

後遺障害別等級表においては、「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの」(第1級1号)「胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの」(第1級2号)と記されており、いずれも「常に介護を要する」ことから自力では生活できない状態であることが明らかです。

また、労働能力喪失率は100%であるため、治癒後の社会復帰の可能性はゼロに近く、自賠責が補償する最高4000万円の保険金額を妥当と認識する被害者とその家族は多くはいないはずです。

同様に「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの」(第2級1号)「胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの」(第2級2号)と規定されるように、前段落に記した第1級との違いは、「常に介護を要する」ではなく「随時介護を要する」点にあります。

この違いによって、第2級の自賠責保険の補償の最高額は3000万円になってしまい、第1級とは1000万円の差額が生じることになります。

弁護士基準(裁判所基準)で適切な賠償額

慰謝料算出の根拠となる基準は、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準(裁判所基準)の3つあります。一般的に言って、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の順で慰謝料の金額が大きくなっていきます。

後遺障害等級が第1級の場合、自賠責が補償する保険金を4000万円と説明しましたが、実はこの金額には、後遺障害の被害者への慰謝料のほかに、後遺障害を負ったことによって失われる利益(逸失利益)等も含まれており、慰謝料だけみると最高1600万円が支払われることになります。

これに対して、弁護士基準では、第1級の慰謝料はおよそ2000万円台後半から3000万円前後となっています。

弁護士基準で算定される金額の根拠となるのは、日弁連交通事故相談センター東京支部編「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(通称:赤い本)、日弁連交通事故センター編「交通事故損害額算定基準」(通称:青い本)です。

二つの基準は、過去の裁判例を基にして決められており、これらの基準を用いる場合に限って、弁護士基準(裁判基準)と称しているのです。この弁護士基準のポイントは、端的に言うと、訴訟を起こした場合とほぼ同等の賠償金の額を加害者側に請求できる点にあります。

肝心なのは、被害者家族自身が単独で、賠償金の請求の際に弁護士基準を用いたとしても、保険会社がこれに応じることはないということです。あくまでも弁護士を立てた場合に限って法廷の場で争ったとするならば、弁護士基準の賠償金額が裁判所によって認定されるという可能性を含有しているため、弁護士だけが弁護士基準を使うことができる仕組みの根拠となっているのです。

つまり、弁護士に相談することで、被害者側にとって有利な条件を勝ち取る方策を見つけられる道が開けてきます。

被害者が納得いく賠償を得るためには

交通事故の後で重篤な症状を確認できたならば、まず信頼できる弁護士に相談するべきです。経験と知識がある弁護士ならば、症状固定の前後に請求すべき賠償金についても、機会損失を被ることなく処理することが可能です。

後遺障害等級認定1級・2級の申請時においても、異議申し立ての必要性に迫られることを回避できるうえ、弁護士基準を用いれば適切な慰謝料の請求も不可能ではありません。親身になってくれる弁護士と話し合いましょう。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故被害に遭ったら、まず弁護士に「無料相談」してください
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士をご紹介しています。実績・経験ともに豊富な弁護士事務所ばかりです。「保険会社とのやりとりがめんどう」「慰謝料・過失割合に不満がある」など、どんなお悩みにも対応することができます。

まずは「無料相談」で弁護士にお悩みを聞かせてください。交通事故に強い弁護士から「適切なアドバイス」を受けることができます。「全国対応・無料相談可能」な事務所はコチラをご覧ください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故被害に遭って、何をして良いのかわからないあなたへ
交通事故に遭うなど人生で何度も経験するものではないため、事故後「何をしていいのか」わからなくて当然。「事故発生から解決まで」の道筋をわかりやすく丁寧に解説。 交通事故被害者の味方になれるのは「弁護士」を除いて他にいません。なぜ弁護士に相談・依頼するべきなのか徹底解説。 保険会社との示談交渉はとてもめんどうです。だからといって、放置しても何も良いことはありません。むしろ被害者にとって「取り返しのつかない事態」にもなりかねません。 「慰謝料を多くもらうためにはどうすればいい?」という質問は当サイトにも多く寄せられます。増額を望むなら、慰謝料の仕組みを理解した上で交渉しなければなりません。 いつどこで交通事故に遭うか誰にもわかりません。もし真夜中に事故に遭ってしまったら・・・。そんな時でもご安心を。24時間電話対応が可能な弁護士事務所はコチラ。

当サイトがオススメする交通事故に強い弁護士【相談無料】

全国対応
ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人いろは
交通事故に強い弁護士が「保険会社との交渉代行」「後遺障害等級」まで、事故事件でお困りの被害者に代わり示談手続きを代行いたします。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

後遺障害の症状と等級の紹介に関する記事
都道府県別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人心 池袋駅法律事務所
弁護士法人心 豊田市駅法律事務所
弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)
弁護士法人ALG&Associates 神戸支部
ベリーベスト法律事務所 町田オフィス
都道府県別で探す

北海道・東北

関東

中部・甲信越

近畿

中国・四国

九州・沖縄

広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ