交通事故の外貌醜状とは?後遺障害の等級と請求できる慰謝料について

交通事故に遭って怪我をすると、さまざまな後遺障害が残ることがあります。後遺障害の内容や程度によって、相手に請求できる慰謝料の金額なども異なってきます。

交通事故の後遺障害の中に、外貌醜状という症状があります。これはどのようなもので、どういったケースで認められるのでしょうか?

今回は、交通事故の外貌醜状の後遺障害が認められるケースと請求できる慰謝料について解説します。

1.外貌醜状(がいぼうしゅうじょう)とは

外貌醜状とは、交通事故で怪我をしたことによって、外見に醜状が残る場合の後遺障害です。

たとえば、交通事故では大やけどをすることもありますし、顔に傷がつくことや、アザが残ることもあります。このように、見た目に問題が残る場合の後遺障害が外貌醜状です。

交通事故で容ぼうが変わってしまったら、当然その人は大きな精神的苦痛を被ります。その状態で一生生きていかなければならないので、後遺障害に認定されます。

外貌醜状が認められるのは頭や顔や首などの部分で、腕や脚については、外貌醜状とは認定されません。また、外貌というからには、身体の中でも人目につく部分に醜状が残ることが必要となり、誰にも見られないような箇所に傷跡が残っても、外貌醜状とは認められません。

2.外貌醜状で認められる後遺障害の等級

それでは、外貌醜状として認められる後遺障害の等級はどのようなものになるのでしょうか?

外貌醜状になると、7級か9級か12級の後遺障害が認定される可能性があります。最も程度が重い場合に7級となり、中間が9級、最も軽い場合に12級となります。

7級は、外貌に著しい醜状を残すもの、9級は外貌に相当程度の醜状を残すもの、12級は外貌に醜状を残すもの、となります。

それぞれについて、認定されるための要件があります。以下で、それぞれの後遺障害の内容と、認定されるための要件を表にまとめました。

外貌醜状で認められる後遺障害の等級
後遺障害等級 外貌醜状の程度 外貌醜状の内容
第7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの ・頭部に残ったてのひら大(指の部分は除く)以上の瘢痕または頭蓋骨のてのひら大以上の欠損
・顔面部に残った鶏卵大以上の瘢痕または10円硬貨大以上の組織陥没
・頸部に残ったてのひら大以上の瘢痕
第9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの 顔面部に残った長さ5センチメートル以上の線状痕
第12級14号 外貌に醜状を残すもの ・頭部に残った鶏卵大以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大以上の欠損
・顔面部に残った10円硬貨大以上の瘢痕または長さ3センチメートル以上の線状痕
・頸部に残った鶏卵大以上の瘢痕

3.外貌醜状の認定要件

以下では、外貌醜状が後遺障害として認定されるための要件を解説します。まず、外貌醜状として認められるためには、頭か顔か首に醜状が残ったことが必要です。露出面であっても手足などは対象になりません。

また、頭や顔の部分であっても、眉毛や髪の毛によって隠れてしまう部分については、外貌醜状として認められません。

それぞれの等級における外貌醜状の認定基準を解説します。

(1)【7級12号】外貌に著しい醜状を残すもの

この場合、外貌醜状が残った場所が頭か顔か首かによって、認定基準が異なります。頭の場合には、手指の部分を含まない手のひらの大きさ以上のあざがある場合か、頭蓋骨に手のひらの大きさ以上の欠損がある場合に認定されます。

顔の場合には、鶏卵の大きさ以上のあざや、10円硬貨の大きさ以上の組織陥凹がある場合に認められます。

首の場合には、手のひらの大きさ以上のあざが残った場合に7級となります。

(2)【9級16号】外貌に相当程度の醜状を残すもの

9級16号は、顔の怪我だけが対象です。顔面に5センチメートル以上の線状の傷跡が残った場合に認められます。

(3)【12級14号】外貌に醜状を残すもの

12級にも頭と顔と首のケースがあります。頭の場合には、頭蓋骨に鶏卵の大きさ以上の欠損がある場合に認定されます。

顔の場合には、10円硬貨の大きさ以上のあざや3センチメートル以上の線状の傷跡が残る場合に認定されます。

首の場合には、鶏卵の大きさ以上のあざの痕がある場合に、後遺障害12級14号が認められます。

4.かつての外貌醜状の認定要件について

外貌醜状の後遺障害の等級と認定要件は、最近改正されています。以前は、外貌醜状の後遺障害については、男女で異なる取扱がなされていました。

具体的には、著しい醜状の場合、女性なら7級でしたが男性なら12級となっており、単なる醜状の場合には、女性なら12級でしたが男性なら14級とされていたのです。ところが、このような取扱が差別的だと言うことで、裁判が行われて、平成22年5月27日、京都地裁にてそのような取扱の差が違憲だという判断が下されました。

これを受けて、平成23年2月1日に労災保険法の基準が変更されて、男女とも統一した基準で後遺障害の認定が行われるようになったのです。

交通事故の自賠責保険でも、平成22年6月10日(京都地裁の判決が確定した日)以降に起こった交通事故については、新しい基準を適用するようになっています。

なお、平成22年6月9日までの事故については、以前の男女差がある基準が適用されることになりますが、交通事故の損害賠償請求権には3年の時効があるため、今では、そのような事案がまだ解決していない事例は相当減っています。

また、そのような古い事案が一部残っていたとしても、相手との交渉や訴訟の進め方の中で、今の基準と同様の処理を実現出来る可能性もあるので、まずは一度、交通事故問題に強い弁護士に相談してみることをおすすめします。

5.外貌醜状で請求できる賠償金

次に、外貌醜状で後遺障害が残ったときに相手に請求できる賠償金がどうなるのか、確認しましょう。

後遺障害が残ったケースでは、内容に応じて後遺障害慰謝料と逸失利益が発生するので、以下で順番にご説明します。

(1)後遺障害慰謝料

交通事故で後遺障害が残った場合に相手に請求できる賠償金として、まずは、後遺障害慰謝料があります。これは、交通事故によって後遺障害が残ったことにもとづく慰謝料です。

後遺障害慰謝料の金額は、後遺障害の等級によって異なります。弁護士・裁判基準と任意保険基準、自賠責基準の3つの基準によって金額が異なりますが、外貌醜状の場合には、以下の通りとなります。

等級 弁護士・裁判基準 任意保険基準 自賠責基準
7級 1000万円 500万円 409万円
9級 690万円 300万円 245万円
12級 290万円 100万円 93万円

このように、外貌醜状の後遺障害が残った場合、7級に認定されると1000万円もの慰謝料を請求できますし、9級でも690万円、12級なら290万円程度の後遺障害慰謝料を請求できます。

ただ、この数字は弁護士・裁判基準で計算した場合の金額なので、任意保険基準や自賠責基準で計算するとその金額は大きく下がります。

そこで、外貌醜状のケースでなるべく高額な後遺障害慰謝料の支払いを受けたいなら、弁護士・裁判基準で後遺障害慰謝料を計算することが重要になります。

(2)逸失利益

次に、逸失利益を見てみましょう。逸失利益とは、後遺障害が残ったことによって労働能力が低下してしまうことで、得られなくなってしまった将来の収入のことです。

後遺障害の等級によって労働能力喪失率が決まっており、その数値と事故当時の年収をかけ算することによって計算します。逸失利益は就労可能年数の分を請求できるので、事故当時に年齢が低かった人の方が金額が上がります。そこで、事故前の収入が高かった人や年齢が若い人は、逸失利益が高額になります。

外貌醜状の症状が起こった場合の労働能力喪失率は、以下の通りです。

等級 労働能力喪失率
7級 56%
9級 35%
12級 14%

最も程度の重い7級の場合には労働能力喪失率が5割を超えてくるので、かなり高額な逸失利益が認められることもあります。5000万円を超えること可能性も十分にあります。

6.外貌醜状で賠償請求するときの注意点

交通事故で外貌醜状が残ったとき、後遺障害の証明自体はさほど難しくありません。しかし、外貌醜状の場合、とくに逸失利益の請求が難しくなることが多いです。

外貌醜状は、単に見た目が悪くなるだけなので、実際に作業ができなくなるなどのわかりやすい労働能力喪失が見られないからです。そこで、保険会社は労働能力の喪失を否定して、逸失利益の支払いを拒絶してくることなどがあります。

しかし、外貌醜状が残ると、実際に仕事がしにくくなる可能性があります。見た目の印象が悪いため、就職で不利になることもありますし、モデルやテレビに出る仕事など、人前に出る仕事はできなくなる可能性もあります。営業マンなどのケースでも、見た目の印象で不利になるおそれは十分考えられます。

以上のように、外貌醜状が残った場合でも、労働能力喪失を認めて逸失利益が支払われるべきです。相手の保険会社が支払をしないと言っても、そのような条件を受諾すべきではありません。

弁護士に対応を依頼して、正当な賠償金の支払いを請求すべきです。

7.外貌醜状で後遺障害認定を受ける方法

外貌醜状が残って後遺障害の等級認定を受けるためには、後遺障害等級認定請求をしなければなりません。その方法としては、事前認定と被害者請求があります。

事前認定は、相手の保険会社に後遺障害等級認定の手続きを任せてしまう方法で、被害者請求とは、被害者が自分で相手の自賠責保険に後遺障害の等級認定請求をする方法です。

確実に等級認定を受けたいなら、自分で手続きをすすめる被害者請求がおすすめです。ただ、被害者請求をするときには、専門的な知識も必要なので、被害者が自分で手続きするよりも交通事故問題が得意な弁護士に依頼する方が有利です。

そこで、外貌醜状で確実に後遺障害の等級認定を受けて、高額な後遺障害慰謝料や逸失利益の支払いを受けるためには、交通事故問題を得意とする弁護士に後遺障害認定の手続きを依頼することをおすすめします。

まとめ

外貌醜状が残った場合には、7級、9級、12級の後遺障害が認められる可能性があります。それぞれについて、後遺障害慰謝料や逸失利益の請求が可能です。

外貌醜状では、相手から労働能力喪失を否定されて逸失利益の支払いを拒絶されるおそれなどもあるので、弁護士に対応を依頼する必要性が高いです。

交通事故に遭って顔や頭、首に目立った傷跡やアザが残ってしまった場合、正当な賠償金の支払いを受けるためにも、まずは交通事故問題に強い弁護士に相談をしましょう。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

後遺障害の症状と等級の紹介に関する記事
エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
上本町総合法律事務所
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 水戸支店
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 那覇支店
権藤法律事務所
深田法律事務所
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ