口(言語、歯)の後遺障害の慰謝料相場とは

交通事故に遭うと、いろいろな後遺障害が発生します。中でも、口に後遺障害が残ると、言葉をうまく話せなくなったり食べ物をうまく食べられなくなったりして、日常生活に対する影響も大きいです。

交通事故での口の後遺障害には、どのようなものがあるのでしょうか?

今回は、交通事故の口の後遺障害の種類と、相手に請求できる賠償金について解説します。

1.口の後遺障害の種類

交通事故で認められる口の後遺障害には、どのようなものがあるのでしょうか?これについては、大きく分けて咀嚼障害(そしゃくしょうがい)、言語障害、味覚障害、歯の後遺障害があります。

咀嚼障害とは、ものを噛んだり飲み込んだりする力に障害が残ったケースです。言語障害とは、言葉を発する能力に障害が残ったケースです。

味覚障害とは、味覚の感じ方に障害が残るケースであり、歯の後遺障害は、交通事故によって歯を欠損した場合に認められる後遺障害です。

以下で、それぞれについて、詳しく見てみましょう。

2.咀嚼障害

咀嚼障害とは、ものを噛んで飲み込む機能に障害が残るケースです。交通事故で咀嚼障害が残った場合、その程度によって認定される後遺障害の内容が異なります。

最も程度が重いのは、咀嚼機能を廃したものであり、次が咀嚼機能に著しい障害を残すもの、最も程度が軽いのが、咀嚼機能に障害を残すもの、となります。

(1)咀嚼機能を廃したもの

咀嚼機能を廃したものとは、咀嚼ができなくなることを意味するので、固形の食べ物は一切食べられません。スープなどの流動食以外を摂ることが出来なくなった場合を意味します。

(2)咀嚼機能に著しい障害を残すもの

咀嚼機能に著しい障害を残すものは、咀嚼機能が少し残っていますが、ほとんどを喪失してしまった場合を言います。具体的には、おかゆなどのものしか食べられない状態です。

(3)咀嚼機能に障害を残すもの

咀嚼機能に障害を残すもの、という場合には、固形の食べ物の中に、咀嚼ができないものがある場合か、咀嚼を十分にできない場合です。後遺障害が認定されるには、咀嚼機能の障害を、医学的に確認できる必要があります。

たとえば、顎関節の障害や開口障害、正咬合や咀嚼関与筋群の異常、歯牙の損傷などがある場合が考えられます。

咀嚼機能に障害を残すもの、という場合には、ご飯などは食べられるけれども、たくあんやピーナッツ、おかきやらっきょうなどの固い食べ物が咀嚼できない場合と考えるとわかりやすいです。

開口障害等が起こって咀嚼に時間がかかってしまう場合にも、後遺障害となります。

3.言語障害

次に、言語障害が残るケースを見てみましょう。交通事故で口に怪我をすると、言葉をうまく話せなくなることがあります。この場合を、言語障害と言います。

言語障害も、程度に応じて異なる後遺障害が認定されます。最も重いのが、言語の機能を廃したもの、次が言語の機能に著しい障害を残すもの、最も軽いのが、言語の機能に障害を残すもの、となります。

これらについては、人間の基本的な発音方法である4種類の語音について、どこまで正確に発音できるかによってはかります。その4種類の発音方法は、以下の通りです。

  • 口唇音:ぱ行音、ば行音、ふ、ま行音、わ行音
  • 歯舌音:さ行音、しゅ、し、ざ行音、じゅ、た行音、だ行音、な行音、ら行音
  • 口蓋音:か行音、が行音、ぎゅ、にゅ、ひ、や行音、ん
  • 喉頭音:は行音

この中で、3種類以上の発音ができなくなると、「言語の機能を廃したもの」となります。

「言語の機能に著しい障害を残すもの」とは、この中で2種類以上の発音ができなくなった場合、または綴音の能力(異なる種類の語音を発する能力)に障害があるために言語で意思疎通することができないケースです。

言語の機能に障害を残すものとは、上記の4種類のうち、1種類以上の発音ができなくなったケースです。

上記の発音方法による認定とは別に、声帯麻痺によってかすれ声が著しいケースにおいても、後遺障害が認定されます。

4.咀嚼障害と言語障害の後遺障害の等級の表

以下で、咀嚼障害と言語障害の後遺障害の等級の表をまとめましたので、見てみましょう。

等級 後遺障害の内容 症状
1級2号 咀嚼及び言語の機能を廃したもの 流動食以外摂取できず、かつ3種類以上の語音を発音できない
3級2号 咀嚼又は言語の機能を廃したもの 流動食以外摂取できないか、3種以上の語音を発音できない状態
4級2号 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの 粥食など以外を摂取できず、かつ2種類の語音が発音できない、または綴音機能に障害がある
6級2号 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの 粥食等以外摂取できないか、2種類の語音が発音できないまたは綴音機能に障害がある
9級6号 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの 固形食物において、十分咀嚼できないものがあり、かつ1種類の語音を発音できない
10級3号 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの 固形食物において、十分咀嚼できないものがあるか、または1種の語音を発音できない状態
12級 そしゃくに相当時間を要する状態

このように、咀嚼障害と言語障害は、1体として把握されています。これは、口に障害が残ると、咀嚼と言語のどちらにも障害が起こることが多いことによります。

たとえば、咀嚼機能と言語機能の両方を失っていたら1級になりますし、どちらかを失っていたら3級になります。咀嚼機能と言語機能の両方に著しい障害が残っていたら4級ですが、どちらかに著しい障害が残っていたら6級になります。

5.味覚障害

口の後遺障害には、味覚障害もあるので、以下で見てみましょう。味覚障害とは、舌や顎の周辺組織や頭部などに対する衝撃で、味覚が失われたり感じにくくなったりする障害です。

味覚障害があるかどうかについては、甘味、塩味、酸味、苦味の基本4味質のうちで、どれだけを認知できなくなったかによって判断されます。

これらの基本4味質を全く感じられなくなったら、味覚脱失となって後遺障害12級が認定されます。

基本4味質のうち、1つ以上が感じられなくなった場合には、味覚減退として14級が認定されます。

6.歯の後遺障害

交通事故の口の後遺障害には、歯の後遺障害もあります。歯の後遺障害は、事故で歯を失った場合などに認められますが、後遺障害として認定されるのは、適切な治療を行った後の段階です。

たとえば、交通事故直後に歯がぼろぼろになっていても、その状態で評価するのではなく、歯科医で適切な処置を受けた状態で後遺障害の等級認定をします。

歯の後遺障害は、失った歯の数によって等級がことなります。たとえば、6つの歯を失って、その隙間に7つの入れ歯を入れた場合には6つの歯の欠損として扱われます。

また、歯はなくなるか著しく欠損することが認定要件となっており、インレーやポストインレー、4分の3クラウンなどで処置した場合には後遺障害に該当しません。歯は3つ以上失うことが必要で、1本や2本の歯の欠損の場合には後遺障害が認定されません。また、欠損する歯は永久歯である必要があり、乳歯を失っても後遺障害の認定は行われません。

歯の後遺障害については、以下の表の通りです。

後遺障害等級 後遺障害の内容
第10級4号 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
第11級4号 10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
第12級3号 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
第13級5号 5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
第14級2号 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

歯科補綴(しかほてつ)とは、歯科医で適切な処置治療を受けて歯を入れたことを意味します。

歯の欠損による後遺障害の場合には、労働能力が低下したと考えにくいので、逸失利益が否定されることが多いという問題があります。

7.口の後遺障害で請求出来る賠償金

次に、口の後遺障害が認められる場合、どのような賠償金がどの程度認められるのか、ご説明します。後遺障害が認められると、後遺障害慰謝料と逸失利益という2種類の賠償金が認められるので、以下でそれぞれを見てみましょう。

(1)後遺障害慰謝料

後遺障害が残ると、その等級に応じて後遺障害慰謝料が認められます。後遺障害慰謝料とは、後遺障害が残ったことによって被る精神的苦痛に対する慰謝料のことです。

後遺障害の等級が上がるほど、後遺障害慰謝料の金額は高額になります。弁護士・裁判基準で後遺障害慰謝料を計算すると、その金額は以下の通りとなります。

後遺障害等級 弁護士・裁判基準
第1級 2800万円
第2級 2370万円
第3級 1990万円
第4級 1670万円
第5級 1400万円
第6級 1180万円
第7級 1000万円
第8級 830万円
第9級 690万円
第10級 550万円
第11級 420万円
第12級 290万円
第13級 180万円
第14級 110万円

口の後遺障害でも、咀嚼・言語機能が両方失われたケースなどでは、後遺障害1級が認められます。そのような場合には、2800万円もの慰謝料が認められることになります。

ただ、上記の金額は、後遺障害慰謝料が最も高額になる弁護士・裁判基準で計算した場合の金額なので、被害者が相手の任意保険会社と示談交渉をする場合には、金額が安くなるので注意が必要です。

口の後遺障害が残った場合になるべく多額の後遺障害慰謝料を請求するためには、弁護士に示談交渉を依頼する必要があります。

(2)逸失利益

後遺障害が残った場合には、逸失利益を請求することもできます。逸失利益とは、交通事故で後遺障害が残ってしまったことにより、それまでのようには働けなくなってしまうので、得られなくなってしまった将来の収入のことです。

そこで、逸失利益は交通事故前に働いて収入があった人のケースで認められます。各後遺障害において労働能力喪失率が定められているので、その数値によって逸失利益を計算します。

後遺障害の等級が高いと労働能力喪失率が高くなるので、等級が上がると逸失利益の金額も上がります。咀嚼と言語の機能が失われた場合には、1級や3級などの高い等級の後遺障害が認定されますが、このようなケースでは労働能力喪失率が100%となるので、極めて高額な逸失利益が認められることが多いです。

若い人や収入が高い人の場合には、1億円を超える逸失利益が認められるケースもあります。各後遺障害等級における労働能力喪失率は、以下の表の通りです。

障害等級 労働能力喪失率
第1級 100%
第2級 100%
第3級 100%
第4級 92%
第5級 79%
第6級 67%
第7級 56%
第8級 45%
第9級 35%
第10級 27%
第11級 20%
第12級 14%
第13級 9%
第14級 5%

8.歯の後遺障害と逸失利益について

口の後遺障害の中でも、歯の後遺障害が残った場合、逸失利益が問題になることが多いです。歯を失ったり損傷を受けたりして、入れ歯などに変えたとしても、そのことによって労働能力が低下したとは考えにくいからです。

歯は、なくなっても修復したら歯の機能自体は回復したように思えるので、このような主張が行われます。保険会社も歯の後遺障害の逸失利益を否定してきますし、裁判例でも、逸失利益を認めないものが多くあります。

ただし、入れ歯などによって歯を修復しても、言語の発音に障害が残るケースがありますし、歯を食いしばることができなくなることもあります。このような障害が残ると、肉体労働などは厳しくなることも考えられますし、ストレスのかかる仕事では歯ぎしりなどが増えるので、やはり困難が発生するおそれもあります。

このように、入れ歯などによって歯の治療をしても、必ずしも労働能力の低下がないとは言えず、被害者の仕事内容や歯の状態などの個別の事情によって、労働能力の低下が認められる可能性はあります。

裁判例でも、歯の後遺障害の逸失利益を肯定した例があるので、諦める必要はありません。

また、たとえ逸失利益は否定されても、入れ歯の手入れが手間になることや味覚に影響が起こること、歯の治療のために健康な歯まで削られることなどから、後遺障害慰謝料が増額されることもあります。

以上のように、歯の後遺障害と逸失利益の問題は、対処方法が難しいところが多いので、自分では適切に対応できない場合には、弁護士に相談することをおすすめします。

まとめ

以上のように、交通事故で口に後遺障害が残ると、さまざまな障害が発生します。ものを噛めなくなったり言葉を発することが難しくなったりすると、日常生活にも大きな支障が発生します。

味覚障害が起こった場合、後遺障害の等級は高くはありませんが、本人にとっては大きな苦痛となります。歯がなくなった場合も、入れ歯をしたから解決できるというものではないでしょう。

このように、口の後遺障害が残った場合には、健康が戻ってこない以上、相手に対して適切に賠償金請求を行って、正当な金額の支払いを受けるしかありません。

そのためには、裁判所・弁護士基準で支払いを受ける必要があるので、交通事故の示談交渉は弁護士に依頼する必要性が高いです。また、後遺障害の等級認定を受ける手続きにおいても、弁護士の助けが必要です。

今交通事故で口の後遺障害が残って悩んでいる場合には、まずは交通事故に強い弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故被害に遭ったら、まず弁護士に「無料相談」してください
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士をご紹介しています。実績・経験ともに豊富な弁護士事務所ばかりです。「保険会社とのやりとりがめんどう」「慰謝料・過失割合に不満がある」など、どんなお悩みにも対応することができます。

まずは「無料相談」で弁護士にお悩みを聞かせてください。交通事故に強い弁護士から「適切なアドバイス」を受けることができます。「全国対応・無料相談可能」な事務所はコチラをご覧ください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故被害に遭って、何をして良いのかわからないあなたへ
交通事故に遭うなど人生で何度も経験するものではないため、事故後「何をしていいのか」わからなくて当然。「事故発生から解決まで」の道筋をわかりやすく丁寧に解説。 交通事故被害者の味方になれるのは「弁護士」を除いて他にいません。なぜ弁護士に相談・依頼するべきなのか徹底解説。 保険会社との示談交渉はとてもめんどうです。だからといって、放置しても何も良いことはありません。むしろ被害者にとって「取り返しのつかない事態」にもなりかねません。 「慰謝料を多くもらうためにはどうすればいい?」という質問は当サイトにも多く寄せられます。増額を望むなら、慰謝料の仕組みを理解した上で交渉しなければなりません。 いつどこで交通事故に遭うか誰にもわかりません。もし真夜中に事故に遭ってしまったら・・・。そんな時でもご安心を。24時間電話対応が可能な弁護士事務所はコチラ。

当サイトがオススメする交通事故に強い弁護士【相談無料】

全国対応
ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人いろは
交通事故に強い弁護士が「保険会社との交渉代行」「後遺障害等級」まで、事故事件でお困りの被害者に代わり示談手続きを代行いたします。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

後遺障害の症状と等級の紹介に関する記事
都道府県別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
ベリーベスト法律事務所 湘南藤沢オフィス
ベリーベスト法律事務所 船橋オフィス
ベリーベスト法律事務所 姫路オフィス
弁護士法人中島総合法律事務所
藤井法律事務所
都道府県別で探す

北海道・東北

関東

中部・甲信越

近畿

中国・四国

九州・沖縄

広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ