むちうちによる後遺障害の種類と等級

「むちうち」は、正式名称を「外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」と言い、「鞭打ち症」の略称・俗称になります。

自動車による追突事故(交通事故)などが原因となって、頭部が鞭の動きのように、前後に過度の屈伸をしてしまうことで、首の組織に損傷を生じたことから起こる症状です。

首部やその周辺の打ち身・捻挫(ねんざ)・骨折・頭部外傷などがこれに含まれます。

またむちうちは後遺症として非常に複雑で中には、後遺症として認定されなかった。というケースも少なくありません。

むちうちの症状、種類、等級、後遺障害に認定される対策をご確認いただければと思います。

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ベリーベスト法律事務所

むちうちの症状

※むちうちの場合、事故にあった当日はほとんど症状が出ずに、翌日辺りから具体的な症状が発現することで多く知られています。

  • 頭痛
  • 肩凝り
  • 手足のしびれ
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 首筋や背中の痛み
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 食欲不振などの不定愁訴(ふていしゅうそ)

不定愁訴は、何となく体調が悪いという自覚症状を感じているにも関わらず、検査をしてみても原因となる病気が見つからない状態のことを言います。

人間の頭部は胴体の上にやや不安定な状態で乗っているため、交通事故によって全身に強い衝撃が加わると、頭部が胴体とは別の方向(鞭を振り回す時にしなったようなS字形)に動いてしまいます。これによって様々な症状が出現する疾患が、むちうちです。

むちうちの症状と等級

むちうちの症状が後遺障害として認定された場合、むちうちに伴う痛みやしびれによってその等級が変わります。

非該当 医学的な証明がなされない時 ※「証明」は患者や検査する者によって左右できない検査結果を意味する画像(MRI)など
12級 客観的な医学的根拠が証明できる時 ※労働に差し支えない程度の神経症状が残る
14級 医学的には証明されないものの、臨床検査によって説明がなされる時 ※普通に労働するぶんには差し支えないが神経症状が残る

労災(労働者が業務に起因して被る災害)を準用している自賠責保険の後遺障害等級認定においては普通、12級と14級に分かれていますが、むちうち症状の詳細や証明(説明)方法によって、上位の神経症状として認定されることもあります。

むちうちは客観的・医学的な根拠がない例が非常に多く、各種検査を受けることが必要になってきます。
症状の一貫性の説明、事故の前にその症状がなかったという証拠の収集など、患者によってどのような検査をするかは千差万別なので、医師や弁護士などの専門家に相談して判断するのが望ましいでしょう。

むちうちの種類

交通事故による障害の中でも特に一般的に知られているむちうちは、その症状や部位によって多種の診断名で記載されることになります。事故による衝撃で首がしなり、神経などが損傷してしまうため、様々な症状が現れるからです。

頚椎捻挫型 主に首を固定する筋肉と靭帯の損傷 ※首に受けた損傷の9割以上がこれに含まれる
バレリュー
症候群型
交感神経や副交感神経のバランスが崩れ、自律神経失調症と同じ症状が出るもの ※自律神経失調症は自律神経の均衡が乱れて種々の症状を示す病気
神経根症状型 脊髄から出る神経の根元部分である神経根が損傷 ※頚椎が過度に動いたり椎間板ヘルニアによって押し付けられたりすること
脊髄症状型 脊髄が実質的に損傷 ※痛みやしびれなどの症状、四肢や体幹の運動障害、膀胱(ぼうこう)や直腸障害などが生じる
脳髄液減少型 脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏出することで減少 ※長い間に渡って頭痛・頸部痛・めまい・集中力低下などが続き、治療効果の出ない病態

一般的な治療について
最初の1~2週間は安静を保って炎症を抑え、痛みや運動制限などの症状が落ち着いてきたら首や肩をゆっくりと動かす運動やストレッチを行い、受傷から3ヶ月程度様子を見ていきます。

後遺障害等級との関係
自覚症状が主体であることから、他覚的・客観的な所見に乏しいと言われています。

むちうちで後遺障害認定を得る、または等級を上げるには

むちうちは後遺障害認定として非常に難しい症状です。

実際に、医師より診断書を取り寄せ後遺障害申請を行ったものの、非該当となるケースも多々あります。

むちうちの後遺障害認定で大切なことは医学的所見つまり、検査結果です。自覚症状以外に何も異常がなければ医学的には異常なしという事になります。

レントゲンとMRIで異常なしと言われても、どこかに異常があるので症状があるわけですので、これを神経学的に多角的に色々と調べる必要があります。

必要であれば大学病院の脊椎外来などで入念な検査を受けることをオススメします。

例えば、神経ブロック治療を3ヶ月程度受けたにもかかわらず改善が見られないなどの詳細な神経学的検査によって、単なる筋肉の凝りによる神経反応ではない程度の異常が認められる。などの事情があってはじめて後遺障害認定が受けられるわけです。

認定されなかったので終了ではなく、認定されるよう医師や専門家に相談し正しい等級を得てください。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人・響
【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決。

お問い合わせ

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

アーク東京法律事務所
【夜間、土日も対応】交通事故でより良い解決をするために弁護士が保険会社との示談交渉に介入し慰謝料の増額を実現します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

ゆう法律事務所
事故被害を受けた方のあらゆる悩みにお応えします。後遺障害の認定、保険会社との交渉など適正な賠償額を獲得するために全力で対応します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

後遺障害の症状と等級の紹介に関する記事
エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合や代車の費用など
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 那覇支店
権藤法律事務所
深田法律事務所
弁護士法人 泉総合法律事務所 池袋支店
弁護士法人 泉総合法律事務所 川崎支店
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ