過失相殺とは?被害者が損害賠償請求において損をしないための対処法

交通事故の被害に遭われた方にとって「過失相殺の問題」は切っても切り離せません。なぜなら、過失相殺は被害者が受け取る損害賠償額に大きくかかわってくるからです。

もし保険会社の提示する過失割合を安易に受け入れてしまえば、損害賠償請求で大きな損をすることになってしまいます。

ここでは、過失相殺の定義からスタートして、過失相殺と過失割合の関係、過失割合の決め方、過失相殺・過失割合に不満がある場合の対処法について解説していきます。

過失相殺(かしつそうさい)とは?

交通事故は加害者一方の過失(責任)で起こるわけではありません。実際の交通事故では、被害者にも過失が認められることが多くなっています。

被害者にも過失があった場合、加害者に請求する「損害賠償金」から「被害者の過失分」を引いた額を請求することになります。これを過失相殺といいます。

「加害者に請求する賠償額」-「被害者の過失分」=被害者が“実際に”受け取れる賠償金

被害者の過失あれば、その分「受け取れる損害賠償金が減ってしまう」ということです。

過失相殺と過失割合の関係

過失相殺と似た言葉に、「過失割合」というものがあります。過失割合とは、加害者と被害者の過失(責任)の割合を数字で表したものです。

通常の場合、過失割合の高い方を加害者と呼ぶことになり、「加害者90:被害者10」「加害者80:被害者20」のように表されます。

あなたが交通事故被害に遭ったとしても、100%加害者側が悪いケースばかりではありません。実際の事故では、被害者にも事故の原因があったと判断されることが多くなっているのです。

過失割合が高ければ高いほど、請求できる損害賠償金が減ってしまうというわけです。

このように、過失相殺と過失割合は密接に関係しているため、ほぼ同じ言葉として使われることもあるのです。

過失相殺の具体例

具体的に、事故の過失割合が「加害者90:被害者10」のケースで考えてみましょう。

事故全体の加害者に請求できる損害賠償が「100万円」の場合、被害者の「過失が0」ならば100万円を受け取ることができます。

しかし、被害者の「過失が10」であるので、実際に請求できる金額は

100万円-10万円(被害者過失10%分)=90万円

ということになります。

もちろん、実際の事故ではここまで単純ではありません。しかし、被害者に過失があれば「過失相殺」によって賠償金が減ってしまうのは事実なのです。

過失相殺は保険によって大きな違いが出る

交通事故の加害者が被害者に賠償をする際、「自賠責保険」か「任意保険」のどちらかが使用されることになります。しかし、この2つの保険では「過失相殺」の対応が大きく異なるのです。

「任意保険」で損害賠償を請求する場合、過失相殺によって「被害者の過失分」だけ賠償金は減らされてしまいます。

しかし「自賠責保険」で損害賠償を請求する場合には、被害者に重大な過失(70%以上)がある場合を除けば、過失相殺で賠償金が減らされることはありません。

なぜなら、自賠責保険の目的は「被害者の救済」にあるからです。この目的を果たすために被害者に重大な過失がない限りは減額されない仕組みになっているのです。

過失割合は誰がどのように決めるのか

損害賠償金の請求に大きな影響を与える過失割合。では、この過失割合は誰が・どのように決めるのかご存知でしょうか。

過失割合を決定するのは「加害者側の保険会社」です。保険会社は、警察が作成した「実況見分調書」を検討し、事故の過失割合を算定していきます。

過失割合は事故内容や状況などによって変わりますが、一からすべて算定するわけではありません。過失割合を決めるのには、過去の判例などで決められた基準が存在しています。

保険会社が過失割合を算定する際には、以下の3つの基準表が用いられています。

  • 「民事交通訴訟における過失相殺等の認定基準」(別冊判例タイムズ)
  • 「交通事故損害額算定基準」(日弁連交通事故相談センター編)
  • 「損害賠償額算定基準」(東京三弁護士会交通事故処理委員会編)

これらの基準と当該事故を照らし合わせて、過失割合が決定されるのです。もちろん、個別の事情は判断されます。

ただ、保険会社も様々な事故案件を抱えているため、常に正しい算定がおこなわれるばかりではないことを覚えておいてください。

過失相殺で損害賠償金を減らさないためにすべきこと

被害者の過失割合の分だけ損害賠償金が減額されることはおわかりいただけたと思います。

もちろん、被害者にも「事故の原因」がある状態では、過失相殺によって賠償金が減らされるのは仕方ありません。

しかし、「保険会社が提示する過失割合」が常に適切だとは限らないのです。

納得いかない過失割合は交渉する

前述したように、保険会社は様々な交通事故案件を抱えています。そのため、1つひとつの事故をしっかりと調べることなく、適当に処理するケースも多くなっています。

また、保険会社の中には被害者に支払う保険金を少なくしたいと考え、理由を付けて被害者に大きな過失割合を提示してくる担当者もいるのです。

もし、保険会社の提示する過失割合に納得いかない場合については、交渉をして過失割合を変更してもらわなければなりません。

保険会社の言うままに示談を成立させてしまえば、受け取れる損害賠償金が大きく減ってしまうことになるでしょう。

自分に「過失がない」と証明はどうやっておこなう?

保険会社の提示する過失割合を是正するためには、被害者に「過失はない」あるいは「提示された過失割合が大きすぎる」ということを被害者自身が証明しなければなりません。

そのためには、

  • 交通事故の状況や道路環境の検討
  • 道路交通法に定められた優先関係などの把握
  • 事故の発生を予想・回避できたかの証明
  • 当該事故と基準表の比較

など1つひとつを検証したうえで、保険会社に対し提示した過失割合を是正するよう交渉していくのです。

しかし、これらの検証は素人に簡単にできるではないのです。長い時間が必要なだけでなく、法律や保険といった専門知識が欠かせません。

保険会社のとの交渉がうまく行かない場合、調停や訴訟をおこなうことになります。しかし、場所が変わっただけで、交渉する内容は同じです。

過失相殺で損害賠償金を減らさないためには、保険会社に対抗できるプロに交渉を依頼する必要があるのです。

過失相殺で損害賠償金が減らされる前に弁護士に依頼する

過失相殺は損害賠償金に大きな影響を与えます。しかし、これを交渉することは素人には非常に難しいことです。

過失相殺で損害賠償金が減らされてしまう前に、交通事故に強い弁護士に相談するべきです。

事故の調査や判例から適正な過失割合を算出できる

弁護士は依頼があった事故について徹底的に調べ上げます。

「保険会社の提示した過失割合が正しいのか」「過去の判例に似た事例はないのか」といった調査はもちろん、必要があれば事故現場での検証もおこなっていきます。

弁護士に依頼すれば、保険会社との示談交渉をすべて代行してくれます。弁護士が代わりに交渉したことで、保険会社が過失割合を是正した例はたくさんあるのです。

さらに、弁護士に依頼することで「損害賠償金それ自体」を増額させることが可能になります。

過失割合の是正ができないケースであっても、被害者が有利に示談できるよう交渉してくれるのが弁護士なのです。

過失相殺で賠償金が減額されてしまうケースでも絶対に諦めてはいけません。弁護士なら必ず被害者にとって最適な解決方法を提案してくれるでしょう。まずは無料相談であなたの事故についてお話しください。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故被害に遭ったら、まず弁護士に「無料相談」してください
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士をご紹介しています。実績・経験ともに豊富な弁護士事務所ばかりです。「保険会社とのやりとりがめんどう」「慰謝料・過失割合に不満がある」など、どんなお悩みにも対応することができます。

まずは「無料相談」で弁護士にお悩みを聞かせてください。交通事故に強い弁護士から「適切なアドバイス」を受けることができます。「全国対応・無料相談可能」な事務所はコチラをご覧ください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故被害に遭って、何をして良いのかわからないあなたへ
交通事故に遭うなど人生で何度も経験するものではないため、事故後「何をしていいのか」わからなくて当然。「事故発生から解決まで」の道筋をわかりやすく丁寧に解説。 交通事故被害者の味方になれるのは「弁護士」を除いて他にいません。なぜ弁護士に相談・依頼するべきなのか徹底解説。 保険会社との示談交渉はとてもめんどうです。だからといって、放置しても何も良いことはありません。むしろ被害者にとって「取り返しのつかない事態」にもなりかねません。 「慰謝料を多くもらうためにはどうすればいい?」という質問は当サイトにも多く寄せられます。増額を望むなら、慰謝料の仕組みを理解した上で交渉しなければなりません。 いつどこで交通事故に遭うか誰にもわかりません。もし真夜中に事故に遭ってしまったら・・・。そんな時でもご安心を。24時間電話対応が可能な弁護士事務所はコチラ。

当サイトがオススメする交通事故に強い弁護士【相談無料】

全国対応
ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人いろは
交通事故に強い弁護士が「保険会社との交渉代行」「後遺障害等級」まで、事故事件でお困りの被害者に代わり示談手続きを代行いたします。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

都道府県別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
ベリーベスト法律事務所 湘南藤沢オフィス
ベリーベスト法律事務所 船橋オフィス
ベリーベスト法律事務所 姫路オフィス
弁護士法人心 池袋駅法律事務所(全国対応)
弁護士法人心 豊田市駅法律事務所
都道府県別で探す

北海道・東北

関東

中部・甲信越

近畿

中国・四国

九州・沖縄

広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ