交通事故の被害者のまずすべき事

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ALG&Associates

交通事故の被害者になったら

自分が交通事故の被害者になってしまったら、突然の災難で混乱をしてしまうかと思いますが、自分の怪我の状態を確認して可能であれば事故現場でしなければならないことがたくさんあります。
慰謝料や損害賠償の請求なども行う必要があるのですが、事故現場での対応というのが賠償額にも大きく影響をする可能性がありますので、しっかりと対応をしなければなりません。

事故現場で被害者が行うべきこと

①加害者と車の確認

交通事故で自分が被害者となった場合、今後の賠償請求先を特定しなければなりませんので、運転免許書や名刺を提示してもらい氏名や連絡先をメモしておきましょう。
また、加害車両のナンバーや自賠責保険証・任意保険証の証明書番号も確認をして下さい。

②事故現場の状況確認

自分が被害者だった場合でも怪我などで動けないようなことがなければ、死傷者が他にいないか、破損した車両の状況、道路における危険の有無などの事故現場の状況を確認して下さい。
事故状況を直後にきちんと確認をしておくことで、過失割合を決める際にもかなり有利にはたらいてくれるでしょう。
目撃者がいる場合は目撃者に話を聞いて証言をメモをしたり、後日証人になってくれるよう頼んで氏名や住所を聞いておくことも1つです。

③警察や救急隊へ連絡を入れる

事故で怪我人が出ている場合は、救急隊や警察に連絡を入れて下さい。怪我人がいない場合や処置を受ける程度でない怪我の場合でも、警察には必ず連絡を入れましょう。
警察へ報告が行われていないと保険金請求手続きに必要になる交通事故証明書が発行されませんし、警察による現場検証などの捜査も行われないことから事故状況について加害者と被害者で意見が食い違ってくる可能性も出てきます。
円滑に解決を行うためにも警察という客観的な立場の人たちの見解が必要になります。

また事故直後は軽い怪我だと思っていたとしても、必ず病院を受診するようにして下さい。数日後に身体に異変を感じて病院で検査をした結果、重傷で数ヶ月も治療を行わなければならなかったという事例もあります。
素人判断で大丈夫だとは思わずにちょっとした異常でも医師の診察を受けるようにしましょう。

事故現場での注意点

事故の当事者双方がそこまで大きな怪我を負っていない場合、その場で示談交渉を行うこともあるようです。しかし口約束による示談によって、今後の人生が大きく変わってしまう可能性もあります。
事故直後というのは、冷静な判断が出来ませんし身体が受けた影響というのも把握出来ていないでしょう。そんな状態で示談交渉を行ってしまっては、後にとんでもない問題へと発展をしかねません。
示談交渉は事故現場で行わず改めて場所を設けるようにして、示談交渉を行うための準備が出来てから行うようにしましょう。

交通事故の被害者のまずすべき事についてのまとめ
交通事故が起こった直後はパニック状態になっていますので、なかなか冷静に判断をすることが出来ないでしょう。しかし、事故直後の行動というのが自分の将来に大きく影響をすることをしっかりと頭に叩き込んで対処をするようにして下さい。警察を呼ぶことと示談交渉は行わない、これだけは特に守って頂きたいです。
交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

アーク東京法律事務所
【夜間、土日も対応】交通事故でより良い解決をするために弁護士が保険会社との示談交渉に介入し慰謝料の増額を実現します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

ゆう法律事務所
事故被害を受けた方のあらゆる悩みにお応えします。後遺障害の認定、保険会社との交渉など適正な賠償額を獲得するために全力で対応します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人・響
【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決。

お問い合わせ

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

まずは、今のお悩みを弁護士にお話してみてはいかがでしょうか?

オススメの弁護士や法律事務所をご紹介
交通事故発生後「しておくべき事」
交通事故の被害者のまずすべき事
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合や代車の費用など
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
示談交渉をするタイミングについて
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談内容と示談書について
交通事故の示談をしないとどうなる?
弁護士費用特約とは?
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残ってしまった場合
後遺障害の等級について
後遺障害等級認定と異議申立
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
傷害・人身事故が発生した場合
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故慰謝料・賠償請求と人身事故
追突や衝突、接触事故が発生した場合
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
泉総合法律事務所 北千住支店
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 松山支店
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 岡山支店
泉総合法律事務所 錦糸町支店
弁護士法人ALG&Associates 姫路支部
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ