異議申立にて逸失利益が認定され、さらに高い賠償金を請求できた。

交通事故というのは、被害を受けた方の怪我が完治をせずに生涯にわたって症状が残るようなこともあります。そういった場合、後遺障害の認定を受けて加害者から生涯にわたって生じる損害を賠償金という形で受け取ることが基本です。
しかし、加害者側の提示と被害者側が納得をする賠償金の額が大きく異なることがあります。今回のケースでは、損害賠償の中でも逸失利益の額に被害者が不満を持ち異議申立てを行った結果、損害賠償額の増額を勝ち取ることが出来ました。
以下に具体的に事故の状況であったり示談交渉や異議申立ての内容説明を行います。

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ALG&Associates

Dさんが事故によって受けた被害

Dさんは自宅近くの交差点を左折時に減速をしたところ、四輪車に後方から追突をされて事故の被害に遭いました。病院で検査を受けたところ頸椎捻挫(むち打ち)という診断が下され、10ヶ月の間仕事を休んで治療を行わなければなりませんでした。
Dさんの場合は軽く首を動かすだけでも激痛が走ってしまうような状況だったため、仕事はもちろんのこと日常生活もろくに送ることが出来ずに非常に辛い思いをされていました。

またDさんの首の症状は完全に治ることはなく、痛みが生涯にわたって残るということになり、後遺障害の等級認定14級9号を受けることとなりました。

納得がいかない損害賠償額の提示

Dさんの後遺障害の認定が行われた後に加害者側の保険会社から損害賠償金の決定を行うための示談交渉の連絡が入りました。
Dさんの場合は後遺障害が残る形となったため、損害賠償額もかなりの額を見込めるのではと予測していたのですが、保険会社が提示をしてきた額は疑問を持たざるをえないような額でした。損害賠償の中でも逸失利益の37万円という額にDさんは強い疑問を持ちました。

交通事故によって後遺障害が残り以前のように仕事が出来ずに仕事が出来ないとなった場合、交通事故のために失ってしまった将来の利益を逸失利益と表して損害賠償として加害者側に請求が出来ることになっています。
逸失利益の算定は収入額の証明と後遺障害等級によって大きく変わってくるのですが、「年収×労働能力喪失率×労働力喪失期間に対するライプニッツ係数 」にて算出することが出来ます。

逸失利益の異議申立てにて損害賠償額を増額

Dさんはまず自分で相手の保険会社と示談交渉を行ったのですが、やはり知識不足ということもあり思ったような結果へと導くことが出来ませんでした。そこで法律の専門家である弁護士に相談をして、事故の概要であったり自分の後遺障害の状況や保険会社の提示内容を伝えました。

状況を把握した弁護士によって逸失利益の算定を行ったところ、労働能力喪失期間を2年に設定をしていたことが分かりました。保険会社の考えでは、頚椎捻挫は後遺障害の等級認定を受けてもそこまで生活に影響はないだろうと労働能力の喪失期間を短く設定したのです。
Dさんのような場合2年という喪失期間はかなり短く5年が妥当であると考えた弁護士は、保険会社に逸失利益の異議申立てを行い提示内容の修正を要求しました。その結果、Dさんは労働能力喪失期間5年に基づいた逸失利益を獲得して損害賠償額を増額させることに成功しました。

交通事故で多い頚椎捻挫に対する損害賠償

頚椎捻挫は逸失利益を低く見積もられがちな後遺障害の1つです。しかし、交通事故の怪我の症状で頚椎捻挫は非常に多いと言えます。
多くの判例があることから、頚椎捻挫での逸失利益の額が少ないと思った場合は弁護士に相談をしてみて下さい。過去に同じような交渉を行った弁護士も多いと思います。

ココがポイント!
算出額が低くなりがちな頸椎捻挫の逸失利益。早めにご相談を。後遺障害の逸失利益の中でも、頸椎捻挫は等級認定も受けにくく、受けても逸失利益が低く算出されがちです。今回のケースでは、弁護士が交渉をすることで、逸失利益の増額につなげることができました。損害賠償金に疑問や不満があれば、ぜひ弁護士への相談をおすすめします。
交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

アーク東京法律事務所
【夜間、土日も対応】交通事故でより良い解決をするために弁護士が保険会社との示談交渉に介入し慰謝料の増額を実現します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

ゆう法律事務所
事故被害を受けた方のあらゆる悩みにお応えします。後遺障害の認定、保険会社との交渉など適正な賠償額を獲得するために全力で対応します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人・響
【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決。

お問い合わせ

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

まずは、今のお悩みを弁護士にお話してみてはいかがでしょうか?

オススメの弁護士や法律事務所をご紹介
交通事故発生後「しておくべき事」
交通事故の被害者のまずすべき事
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合や代車の費用など
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
示談交渉をするタイミングについて
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談内容と示談書について
交通事故の示談をしないとどうなる?
弁護士費用特約とは?
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残ってしまった場合
後遺障害の等級について
後遺障害等級認定と異議申立
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
傷害・人身事故が発生した場合
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故慰謝料・賠償請求と人身事故
追突や衝突、接触事故が発生した場合
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人フレア法律事務所 福岡オフィス
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 金沢支店
弁護士法人泉総合法律事務所 川越支店
弁護士法人泉総合法律事務所 北千住支店
弁護士 安孫子 英彦(安孫子総合法律事務所)
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ