専門家の交渉により後遺障害14級9号の認定を獲得した。

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ALG&Associates

交通事故により左親指に後遺症が残ったCさんの場合

今回の例となる交通事故の被害者であるCさんは、事故によって左親指を骨折しその結果後遺症が残る形になりました。Cさんはコインパーキングに車を止めて道路を挟んだ反対側にあるショップに向かうために道路を横断したところ、四輪車に衝突されてしまい左手の親指を骨折する怪我を負いました。

治療を受けて骨折は完治したものの、骨折をした左親指に違和感が残りしびれや痛みといった症状がその後も続きました。Cさんが追った後遺障害は思った以上に酷く、しびれや痛みで仕事をこれまでのように行うことが出来なかったり、苦痛で眠ることが出来なかったりと、身体的にも精神的にも大きなダメージが残る形となりました。
そういったことから、Cさんは加害者側が加入する保険会社に後遺障害認定の申請を行うことにしたのです。

後遺障害認定の申請を行った結果

加害者側の保険会社に後遺障害認定の申請を行ってその結果が出たのですが、内容は被害者であるCさんが到底納得の出来るような内容ではありませんでした。
まず最も重要である後遺障害認定の申請が却下をされ、また後遺症として残るしびれや痛みに対する損害賠償は一切なしで骨折に関する損害賠償のみを支払う、という提示を保険会社側は伝えてきました。

保険会社が提示してきた内容に納得がいかないCさんは、医師の診断書やレントゲン写真、症状が生活に支障をきたしていることを訴える写真を追加書類として提出をし、異議申立てを行いました。しかしどれだけCさんが強く訴えても申請が通ることはありませんでした。
後遺障害の認定が下りて等級が決まることでさまざまな補償を受けることが出来ることから、身体に不自由がある方にとってこの認定が通ることは非常に重要なことです。また、後遺障害の認定が下りるかによって損害賠償額も大きく変わってくることから、Cさんは諦めることが出来ませんでした。

ついに専門家に依頼を決意

事故から1年7ヶ月が経過をしてもCさんが抱える指のしびれと痛みは相変わらず治ることはなく、後遺障害の認定が下りることもありませんでした。Cさんは肉体的にも精神的にもかなりのダメージを受けておりこれ以上自分で問題を解決をすることは不可能だという結論にいたり、弁護士・専門家に相談をすることにしました。

専門家に事故の概要やこれまでの経緯を話したところ、後遺障害の認定は十分に下りる状況で14級9号の等級に該当をするという判断を下されました。異議申立てというのは被害者が希望をすればいくらでも行うことが出来るのですが、専門家に頼る形で再び異議申立てを行うことをCさんは決意をしました。
後遺障害認定の申請を行う際に最も重要なこと、それは現在起こっている症状が事故によって発生をしたという因果関係を明らかにするということです。
Cさんは専門家に相談をするまでの1年7ヶ月の間に4ヶ月おきに症状が出ていた親指の箇所のレントゲンを撮っていたため、そのレントゲン写真を元に医師からの所見などを書き加えた書類の作成を行いました。
レントゲン写真を通して、骨折から骨折の完治の状況であったりしびれや痛みといった後遺症が残った状態の患部の変化を明らかにして証拠として提出をしました。専門家によるサポートによって必要書類を準備し、再度Cさんは異議申立てに望みました。

後遺障害14級9号の認定を獲得、損害賠償額も増額

これまでとは明らかに証拠書類の信憑性が高かったことにより、Cさんが行った異議申立てが初めて認められることになり、Cさんは後遺障害14級9号の認定を獲得するという結果に至りました。後遺障害が認定されたことにより、加害者の保険会社が提示していた損害賠償額も大幅に増額をする形で決着しました。

後遺障害というものは一生に渡って続くものであることから、当事者を身体的にも精神的にも苦しめることとなります。後遺障害認定の申請を行っても非該当と判断をされても、異議申立てを行うことで結果が180度覆ることも十分にありえます。
ただ、異議申立てを行って申請を受理してもらうには後遺症と事故との因果関係が明らかになる証拠が必要となります。法律に関して無知な素人ではその証拠を集めることはかなり厳しいため、弁護士や専門家に頼ることを考えてみてはいかがでしょうか。

ココがポイント!
後遺障害が残ってしまったら、早めにご相談を!今回のケースでは、専門家が介入して異議申立を行うことで、認定を獲得することができました。交通事故の示談に精通した専門家なら、必要書類の作成や相手側との交渉も含めて対応できます。後遺障害が残ってしまったら、等級や書類の準備についてなど相談だけでも早めにしておけば安心です。
交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

アーク東京法律事務所
【夜間、土日も対応】交通事故でより良い解決をするために弁護士が保険会社との示談交渉に介入し慰謝料の増額を実現します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

ゆう法律事務所
事故被害を受けた方のあらゆる悩みにお応えします。後遺障害の認定、保険会社との交渉など適正な賠償額を獲得するために全力で対応します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人・響
【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決。

お問い合わせ

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

まずは、今のお悩みを弁護士にお話してみてはいかがでしょうか?

オススメの弁護士や法律事務所をご紹介
交通事故発生後「しておくべき事」
交通事故の被害者のまずすべき事
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合や代車の費用など
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
示談交渉をするタイミングについて
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談内容と示談書について
交通事故の示談をしないとどうなる?
弁護士費用特約とは?
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残ってしまった場合
後遺障害の等級について
後遺障害等級認定と異議申立
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
傷害・人身事故が発生した場合
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故慰謝料・賠償請求と人身事故
追突や衝突、接触事故が発生した場合
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人フレア法律事務所 福岡オフィス
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 金沢支店
弁護士法人泉総合法律事務所 川越支店
弁護士法人泉総合法律事務所 北千住支店
弁護士 安孫子 英彦(安孫子総合法律事務所)
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ