コラム  Driving News一覧
ながらスマホで犯罪者続出!?数千万の賠償金払っても「歩きスマホ」「自転車スマホ」しますか?
ながらスマホで犯罪者続出!?数千万の賠償金払っても「歩きスマホ」「自転車スマホ」しますか?
ながらスマホが悲劇を生む スマホが普及して以来、よく見かける光景が「自転車に乗りながらスマホ」、「歩きながらスマホ」といったながらスマホです。ながら[続きを読む]
落下物を避けて交通事故になった!過失割合や責任はどうなるの?
落下物を避けて交通事故になった!過失割合や責任はどうなるの?
交通事故は他の車と衝突したり、歩行者や自転車に接触したりするだけでなく、落下物が原因となって起こることもあります。 高速道路上だけでも、年間でおよそ[続きを読む]
高齢者は運転免許証の返納で特典が受けられる?バス・タクシーの乗車券や商品券も
高齢者は運転免許証の返納で特典が受けられる?バス・タクシーの乗車券や商品券も
近年、お年寄りが引き起こした交通事故の報道が増えています。 交通事故の件数自体は年々減っていますが、一方で高齢者が引き起こす交通事故件数はさほど変わ[続きを読む]
高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違え事故が多いのはなぜ?
高齢化が進むに連れ、ドライバー全体に占める高齢者の割合も高くなっています。そうなると心配されるのが高齢ドライバーによる車の事故。 メディアでも、高齢[続きを読む]
あおり運転をする車に遭遇してしまったら  あなたの身を守る正しい対処法
あおり運転をする車に遭遇してしまったら  あなたの身を守る正しい対処法
近年、あおり運転による重篤な事故が立て続けに起きたことから、これまであまり関心を持たれることのなかった「あおり運転」が大きな注目を集めるようになりま[続きを読む]
旅行先で事故に合わないために知っておきたい運転の ローカルルール・地方ルール
旅行先で事故に合わないために知っておきたい運転の ローカルルール・地方ルール
国内旅行をする際、車で旅行をしたり、現地でレンタカーを借りて観光地を巡ったりすることがあると思います。自分の住んでいる街とは違った土地で運転してみて[続きを読む]
自動車運転死傷処罰法の施行後も依然減らない危険運転 
自動車運転死傷処罰法の施行後も依然減らない危険運転 
これまで自動車による死傷事故で加害者に適用される罪刑は、大きく「危険運転致死傷罪」と「自動車運転過失致死傷罪」の2つがありました。 「危険運転致死傷[続きを読む]
飲酒運転による事故が増加!?酒酔い・酒気帯びならハンドルを握ってはダメ
飲酒運転による事故が増加!?酒酔い・酒気帯びならハンドルを握ってはダメ
家族水入らずや友達の集まりで外食するのは週末ならではの楽しみです。都市部での移動であれば、鉄道の交通網が発達しているため、電車や地下鉄の利用が多いで[続きを読む]
【交通事故】タクシー運転手が危ない!?眠たい眼に痛い腰、歩合制の焦りで長時間労働に
【交通事故】タクシー運転手が危ない!?眠たい眼に痛い腰、歩合制の焦りで長時間労働に
駅から遠い町やバスが走っていない場所に行くときに便利なタクシー。若い人や歩くことが好きな人はあまり使わないかもしれませんが、約束の時間があるときや見[続きを読む]
オービス・Hシステム・Nシステムの違いは?生活道路でもレーダーで速度測定へ
オービス・Hシステム・Nシステムの違いは?生活道路でもレーダーで速度測定へ
暖かくなると、街だけでなく海や川、山などへの遠出が増えます。 日常的に自動車を使わない人にとっては、たまの高速道路となり、音楽をかけるなどして、気分[続きを読む]
スタントマンが交通事故を再現するスケアードストレートで、安全を考えるきっかけに
スタントマンが交通事故を再現するスケアードストレートで、安全を考えるきっかけに
新年度が始まって3か月近くが経ち、学生や新社会人もすっかり新しい環境に慣れたのではないでしょうか。しかし、慣れた頃がもっとも気が緩みがちになり、失敗[続きを読む]
交通事故の原因は安全確認の不徹底?安全運転に必要な6つのポイント
交通事故の原因は安全確認の不徹底?安全運転に必要な6つのポイント
芸能人ともなれば、けが人がいなくても追突や接触事故を起こせばニュースとなります。先日も有名タレントが都内の交差点で3台を巻き込む追突事故を起こしまし[続きを読む]
てんかんの症状を隠しながら暴走事故を起こすと、危険運転致死傷罪の可能性も
てんかんの症状を隠しながら暴走事故を起こすと、危険運転致死傷罪の可能性も
私たちの体は常に免疫力を働かせ、外からやってくるウイルスや細菌と戦っています。花粉症や蕁麻疹などのアレルギー反応もその一つです。免疫力が落ちると、炎[続きを読む]
車間詰めすぎ運転は罰金?車間距離保持義務違反の罰則内容とは
車間詰めすぎ運転は罰金?車間距離保持義務違反の罰則内容とは
このところ、日本各地で続発する悪質なあおり運転が、大きな社会問題になっています。 これだけ問題視されていても、実はあおり運転自体を取り締まる規定はま[続きを読む]
高齢者事故の2大原因「身体機能低下」「認知機能低下」を分かりやすく解説
高齢者事故の2大原因「身体機能低下」「認知機能低下」を分かりやすく解説
高齢ドライバーが引き起こした死亡事故のニュースが、メディアを賑わすことも多い昨今、ご自身が高齢だったり、高齢の家族がいたりすると、他人事とは思えない[続きを読む]
飲酒運転 交通事故 撲滅
飲酒運転による交通事故はアルコール依存者が引き起こしていた!?
2013年の厚生労働省研究班の調査によると、日本のアルコール患者数は推定で109万人、アルコール依存症一歩手前のハイリスク群は980万人もいるとされ[続きを読む]
【要注意】あおり運転者にもいる「当たり屋!」その手口と対処法
【要注意】あおり運転者にもいる「当たり屋!」その手口と対処法
迷惑な交通トラブルの一つである当たり屋ですが、近年はその手口も多様化しています。 故意にぶつかって事故を起こすだけでなく、走行中の車にスマホを持った[続きを読む]
あおり運転
これがあおり運転の実態だ!47都道府県のあおり・危険運転動画
あおり運転は本当に危険です。怖いです。不愉快です。腹が立ちます。取り締まって欲しいです。 遂にというか、ようやくというか、2020年6月に「妨害運転[続きを読む]
高齢者による電動自転車の暴走運転?じわじわ増える自転車死亡事故と注意点
高齢者による電動自転車の暴走運転?じわじわ増える自転車死亡事故と注意点
高齢者が運転する自動車が誤操作によって暴走し、死亡事故を起こす事例が多発して社会問題となっています。 そんな中、運転免許証の返納を考えて行動を起こし[続きを読む]
今の高齢者の免許更新の制度ってどうなっているの?
今の高齢者の免許更新の制度ってどうなっているの?【2019年版】
最近、高齢者の運転ミスによる交通事故が多発しており、芸能人の運転免許証の自主返納なども話題となりました。 高齢者となった人の運転免許証の自主返納が増[続きを読む]
ピックアップ弁護士

弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)

大幅な賠償金の増額を実現します!
弁護士事務所を探す
特徴から探す
カテゴリーから探す
エリアから探す
中部 甲信越
近畿
九州 沖縄
北海道 東北
関東
中国 四国
コラム記事のカテゴリー
キーワード
ピックアップ弁護士

弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)

大幅な賠償金の増額を実現します!
弁護士事務所を探す
エリアから探す
北海道・東北
関東
中部・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄
特徴から探す
カテゴリーから探す
コラム記事のカテゴリー
キーワード

トップへ

Copyright (C) 交通事故の慰謝料・示談SOS
All Rights Reserved.