自営業者が交通事故で損しない休業損害などの慰謝料・損害賠償を徹底解説

交通事故に遭った自営業の方にとっては、仕事を休まなければならないのは死活問題だと思います。ここでは、仕事を休んだ時の補償に関して説明するとともに、耳にすることが多い慰謝料についても解説したいと思います。ぜひとも参考にしてみてください。

慰謝料とは

「慰謝料」とはどんなものでしょうか。被害者は、精神的な苦痛を受けた際の賠償金を請求することができます。これを慰謝料と呼ぶのです。

精神的な苦痛に対して支払われる賠償金が慰謝料であることから考えても、慰謝料は損害賠償のひとつに過ぎないことに注意したいものです。

この慰謝料について以下で説明してみたいと思います。

二つの慰謝料

入通院慰謝料(障害慰謝料)

交通事故でケガを負った場合、入院や通院で精神的なダメージを受けます。このようなケースで請求できる慰謝料を、入通院慰謝料(傷害慰謝料)と言います。

後遺障害慰謝料

交通事故でケガを負い、後遺症(後遺障害)が残ってしまった場合に請求できる慰謝料を後遺障害慰謝料と呼んでいます。後遺症(後遺障害)の程度によって、1級(最も重い)~14級(最も軽い)の等級に分かれており、それぞれに慰謝料が異なります。

これ以外にも、被害者が死亡した場合には、遺族が死亡慰謝料を請求できます。

以上、慰謝料について見てきました。次に、慰謝料以外に請求できるものを見てみましょう。

慰謝料以外に請求できる損害賠償金

精神的な苦痛に対する賠償金が慰謝料であるのに対して、実際の損害に対する損害賠償金の請求も可能です。具体例を説明してみます。

治療費・入院費など

交通事故の損害賠償は、文字通り、交通事故でケガを負ったことによる損害を賠償するものですから、実際に支払った、治療費、交通費、入院費、看護料などを請求することができます。

休業損害(休業補償)

交通事故でケガを負うと仕事を休まなくてはならなくなります。そうすると当然、収入は減少します。こうした場合の収入減少分を補償するものを、休業損害または、休業補償と呼んでいます。

さて、これまで損害賠償額全般について見てきたのですが、休業損害については自営業の方が注意すべき点がいくつかあるのです。それについて以下で解説してみたいと思います。

時間があれば、以下のリンク先を一読してもらえると、一層理解が深まります。

自営業者が休業補償を請求する際の注意点

休業損害(休業補償)を算定するには、休業した日数、それに1日当たりの収入(基礎収入)の計算が重要となります。

※なぜ重要になるかについては、上のリンク「休業損害の3つの算定基準」にわかりやすく書いてありますので参考にしてください。

さて、休業損害(休業補償)は以下のような簡単な計算式で求められます。

休業損害額=休業日数×1日当たりの基礎収入

この式の中の休業日数は、実際に休んだ日数、つまり実休業日数を用いています。大前提として、休業日数は、医師の判断=診断書によって判断されるべきものであることに注意しましょう。実際には、実休業日数に含まれるのは、入院日数や通院日数となります。

例えば、休業日数としてみなすべきか意見の分かれる、自宅療養については、医師の診断次第で判断されるべき項目となるのです。

この計算式はどの職業にも共通するものです。また、休業日数算定の基本的な考え方についても同様にすべての職種に言えることです。しかし、1日当たりの基礎収入については、自営業に独特の算定方法があるため、十分に注意しましょう。以下に詳しく記したいと思います。

1日当たりの基礎収入は確定申告所得で算定

サラリーマン(給与所得者)では一般的に、過去3か月分の給料を1日当たりの基礎収入の算定基準にしますが、毎月の給料制ではない自営業者の場合は、一体どうすれば良いのでしょうか。

自営業者の場合は、前年度の確定申告書を参考にします。つまり、1年間の収入をベースにするために、確定申告書を用いることになるのです。それでは、確定申告書をどのように利用するかについて以下に説明します。

前年度の確定申告時の年間収入額-必要経費等=年間所得

よって、

1日当たりの基礎収入=年間所得÷365日

分かりやすい例を示したいと思います。

(例)
前年度の確定申告時の年間収入額=600万円
必要経費等=162万円
年間所得=438万円

とすると、

600万円ー162万円=438万円

438万円÷365日=1.2万円

このため、1日当たりの基礎収入は、1万2000円となります。

年度によって収入変動がある場合には、過去数年間の収入を平均して計算することがあります。

さて、以上が基本的な考え方となりますが、例外について以下で見ていきましょう。

確定申告をしていない場合の算定

確定申告をしていない場合には、収入があったことが認められれば、日本の給料の統計資料である「賃金センサス」の平均賃金を使い、1日あたりの基礎収入を計算することもあります。

確定申告以上の収入がある場合

過少申告などによって、確定申告以上の収入がある場合は、帳簿や書類などによって証明できれば、申告額以上の収入を認められることがあります。

固定費は補償されるのか?

従業員を雇用し、事務所や倉庫を購入・賃借するなどしている場合は、従業員給与や家賃、減価償却費、租税公課等が発生することになります。これらのいわゆる固定費は、休業している間も発生するものですから、固定費を休業損害に含めるかどうかが問題となります。

結論としては、相応と見なされるならば、固定費は休業損害として認められます。

まとめ

以上で見てきた1日当たりの基礎収入は、弁護士基準という損害賠償額の算出基準を採用した場合に有効となります。この弁護士基準は、弁護士が関わった場合に採用される基準です。

また、自営業の方は、サラリーマンと違い、所得の算定等にあたって考慮すべき点が多いのも事実です。そこで、交通事故を専門とする経験豊富な弁護士に一度相談することをおすすめしたいと思います。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い弁護士!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

交通事故慰謝料・示談の弁護士依頼に関する記事
エリア別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
地域を絞り込む
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人 泉総合法律事務所 平塚支店
仙台駅前法律事務所
弁護士法人 泉総合法律事務所 津田沼支店
弁護士法人泉総合法律事務所 蒲田支店
弁護士法人泉総合法律事務所 調布支店
エリア別で探す

北海道・東北

関東

中部・甲信越

近畿

中国・四国

九州・沖縄

広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ