示談前に治療費・慰謝料をもらうことはできる? - 「仮渡金」や「内払金」を請求する方法

交通事故でケガをしてしまった場合、治療に時間がかかり仕事を休むこともあります。

働けない期間が長くなれば、経済的な負担も大きくなっていくでしょう。

被害者の場合、治療費や慰謝料などの「損害賠償金」は加害者に請求できますが、「治療終了後・示談成立後」となってしまいます。

ただし、すぐにお金が必要な場合など、損害賠償金の一部を前払いしてもらうことができるのです。

この記事では、賠償金の前払い制度である「仮渡金」「内払金」についてご紹介していきます。

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ベリーベスト法律事務所

すぐにでも治療費を受けたい場合に利用する「仮渡金」

交通事故の被害でケガをした場合、その治療費は高額になることが多々あります。

ひどいケガの場合、治療費を捻出するだけでも苦労することがあるのです。

治療費の支払いが大変なケースでは、治療費などの「前払い」を加害者の保険会社に請求できるのです。これを「仮渡金請求」と言います。

この「仮渡金請求」は、自賠法第17条で規定されています。

自賠法第17条(被害者に対する仮渡金)第1項
保有者が、責任保険の契約に係る自動車の運行によつて他人の生命または身体を害したときは、被害者は、政令で定めるところにより、保険会社に対し、政令で定める金額を16条第1項の規定による損害賠償額の支払のための仮渡金として支払うべきことを請求することができる。

事故の被害に遭って、当面の治療費や生活費に困る方は必ず活用するべきです。

仮渡金の請求方法・支払い時期について

「仮渡金」を請求する場合、加害者の自賠責保険に直接請求しなければなりません。

そのため、まずは加害者側の保険会社に連絡をとり、「仮渡金制度を利用したい」と伝えると、必要書類を送ってくれます。

保険会社から送られてきた書類を記入すると同時に、「被害者が集めるべき書類」もあります。たとえば、以下のようなものです。

  • 人身事故の交通事故証明書
  • 事故発生状況報告書
  • 印鑑登録証明書
  • ケガの診断書
  • 死亡診断書や戸籍謄本(死亡事故の場合)
  • 委任状(本人以外が請求する場合)

これらの必要書類をそろえ提出すると、1週間前後で「仮渡金」を受け取ることができます。

ただし、仮渡金の請求は1回しかできないのでご注意ください。

また、書類に不備があると、仮渡金の受け取りが遅れてしまうので、保険会社にしっかりと確認してください。

仮渡金の限度額

仮渡金の金額は、以下の通りに定められています。

  1. 死亡の場合:290万円
  2. 重度の傷害の場合(14日以上の入院かつ30日以上の治療など):40万円
  3. 中程度の傷害の場合(14日以上の入院など):20万円
  4. 軽度な傷害の場合(11日以上の治療):5万円

ご自身がどのケースに当てはまるのかは、あらかじめ保険会社に確認してから請求するようにしてください。

注意していただきたいのは、仮渡金はあくまでも「仮に渡すお金」です。

そのため、治療が終了した際の金額が「仮渡金を下回る」場合、その残金は返却しなければなりません。

示談成立前に請求できる「内払金」

「仮渡金」は自賠責保険を利用するため、請求すればほとんどの場合認められます。

仮渡金以外にも、前払いを受けることができる「内払金制度」と呼ばれるものがあります。

この制度は、保険会社がサービスとして提供しているものです。

そのため、請求しても認められない可能性がありますが、当面の生活費や治療費に困る場合は一度確認してみるべきです。

内払金の請求方法と支払い時期

内払金の請求するためには、まずは「交通事故証明書」と「印鑑証明書」が必要になります。

2回目以降は、診断書や診療報酬明細書(レセプト)を添付して保険会社へ請求します。

休業損害についても、「休業損害証明書」が発行できるなど損害額が確定している場合は請求が可能です。

お金を受け取れる時期としては、書類提出から1ヵ月前後かかります。

ただし、「内払金」の請求は死亡事故や後遺傷害の場合は利用できないのでご注意ください。

内払金の限度額

内払金は、原則として治療費が「10万円を超える」場合に限られており、保険金も10万円単位で支払われます。

回数に制限はありませんが、限度額は「120万円」となっています。120万円以内であれば何度でも受け取ることが可能です。

また、「内払金」も仮渡金と同様、「損害賠償金の前払い」であるため、示談成立後に確定した損害賠償金から「内払金」が差し引かれることになります。

仮渡金と内払金のまとめ

以下の表では、仮渡金と内払い金についてまとめました。

仮渡金 内払金
保険金額 傷害:最大40万円
死亡時:290万円
1回につき10万円~ (上限120万円)
請求可能な回数 1回 120万円までなら何度でも可能
支払いまでの期間 請求後、約1週間 請求後、約1週間
必要書類 ・仮渡金支払請求書
・交通事故証明書
・事故発生状況報告書
・医師の診断書(死体検案書)
・加入者の印鑑証明書
・委任状、委任者の印鑑証明書
・戸籍謄本
・診断書(診療報酬明細書)
・交通事故証明書 ※
・休業損害証明書
・印鑑証明書 ※

※2回目以降の請求では、不要になります

後遺障害等級が確定する前に、賠償金の一部を支払ってもらうことはできない?

ケガの治療を続け、「症状固定」となってもなお症状が改善されない場合は「後遺障害等級の認定手続き」をおこなっていきます。

後遺障害等級が認定されれば、その結果を踏まえ示談交渉をすることで、損害賠償金が増額されます。

しかし、認定結果を待って示談交渉をするため、賠償金を受け取れる時期は遅くなってしまいます。

すぐにでもお金が必要なケースでは、保険会社に連絡をし、「後遺障害部分」を除いた傷害部分(治療費、休業損害、慰謝料等)を先に示談交渉することができます。

ただし、これをする場合、保険会社に足元を見られ、賠償金を下げられる可能性があるので注意してください。

交通事故被害でお困りなら弁護士への相談をお薦めします

交通事故被害に遭うと、様々な損害が発生します。

心身が健康な時でさえめんどうな手続きを、ケガの治療で大変な時におこなわなければなりません。

また、こちらが「早くお金が欲しい」とわかると、加害者側の保険会社は「低めの賠償額」を提示してくるケースも非常に多いのです。

示談交渉で損をしないためにも、交通事故に強い弁護士に相談してください。

弁護士への相談はメリットしかない

当サイトの紹介する弁護士事務所は初回の相談が無料です。

依頼せずとも専門家にアドバイスを聞くことは、非常に大きなメリットがあります。

「弁護士費用が心配で…」という方もご安心ください。

弁護士が代わりに交渉することで、「弁護士基準」で賠償金を請求でき、受け取れる金額が大幅にアップします。

弁護士費用はこの増額分から支払うことになるため、被害者の方が損をすることはありません。

また、交渉もスムーズにおこなってくれるため、自分で交渉するよりも早く賠償金を受け取ることもできるでしょう。

加入している保険に「弁護士費用特約」がついてれば、「実質0円」で弁護士を利用することもできます。

まずは電話かメールでお問い合わせをしてみてください。弁護士は交通事故被害者の強い味方です。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故被害に遭ったら、まず弁護士に「無料相談」してください
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士をご紹介しています。実績・経験ともに豊富な弁護士事務所ばかりです。「保険会社とのやりとりがめんどう」「慰謝料・過失割合に不満がある」など、どんなお悩みにも対応することができます。

まずは「無料相談」で弁護士にお悩みを聞かせてください。交通事故に強い弁護士から「適切なアドバイス」を受けることができます。「全国対応・無料相談可能」な事務所はコチラをご覧ください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故被害に遭って、何をして良いのかわからないあなたへ
交通事故に遭うなど人生で何度も経験するものではないため、事故後「何をしていいのか」わからなくて当然。「事故発生から解決まで」の道筋をわかりやすく丁寧に解説。 交通事故被害者の味方になれるのは「弁護士」を除いて他にいません。なぜ弁護士に相談・依頼するべきなのか徹底解説。 保険会社との示談交渉はとてもめんどうです。だからといって、放置しても何も良いことはありません。むしろ被害者にとって「取り返しのつかない事態」にもなりかねません。 「慰謝料を多くもらうためにはどうすればいい?」という質問は当サイトにも多く寄せられます。増額を望むなら、慰謝料の仕組みを理解した上で交渉しなければなりません。 いつどこで交通事故に遭うか誰にもわかりません。もし真夜中に事故に遭ってしまったら・・・。そんな時でもご安心を。24時間電話対応が可能な弁護士事務所はコチラ。

当サイトがオススメする交通事故に強い弁護士【相談無料】

全国対応
ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

交通事故慰謝料・示談の弁護士依頼に関する記事
都道府県別で交通事故示談や慰謝料増額に強い弁護士を探す
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に相談する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合に請求できる費用
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
ベリーベスト法律事務所 町田オフィス
ベリーベスト法律事務所 川越オフィス
ベリーベスト法律事務所 新宿オフィス
アイシア横浜法律事務所
アイシア法律事務所
都道府県別で探す

北海道・東北

関東

中部・甲信越

近畿

中国・四国

九州・沖縄

広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ