示談書の作成手順(書き方)と示談内容の注意点

示談が成立して示談書を作成してしまうと、後で内容を変更することは原則的にできません。示談交渉を自分で行う場合は、しっかりと示談書作成の流れなどを身に付けておく必要があるでしょう。

ここでは、示談書の作成手順(書き方)と注意点についてお話をしていきたいと思います。

交通事故による慰謝料請求や増額に強い弁護士法人ベリーベスト法律事務所

示談の際に作成する示談書とは

交通事故が発生した場合、事故の当事者である加害者と被害者が話し合い、損害賠償額やその支払い方法を決定することで解決を行うことが一般的です。これを示談と呼んでおり、その示談内容を書面にしたものを「示談書」と呼んでいます。

多くの方が保険に加入をされていることから、示談交渉は保険会社を経由して行われることがほとんどです。そのため、被害者や加害者が示談書を目にするときには、既にほとんどのことが決められており、あとはサインをするだけの状態になっています。

自分で示談交渉を行うときは、示談書の作成も自分で

加害者が保険に未加入の場合は、保険会社を通さずに加害者と示談交渉を直接行わなければなりません。保険会社を経ずに加害者と示談交渉を行うとなると、素人同士の話し合いで解決をすることになります。すると、後になって「そんなはずではなかった」と再び揉めるようなことになる可能性もあります。

示談が成立して示談書を作成してしまうと、後になってその内容を変えるようなことはかなり難しくなります。示談交渉を自分で行う場合に備えて、示談書の作成方法などを身に付けておきましょう。

示談書に書くべき内容と作り方の流れ

示談書の様式には特に決まりがありません。しかし、誰が見ても分かるように、客観的に記す必要があります。以下の内容は忘れずに記載しましょう。

記載事項 注意点
事故が発生した日時 正確な日時を記す
事故が発生した場所 できるだけ詳細な場所に記す
加害者の住所・氏名 正確な情報を記す
被害者の住所・氏名 正確な情報を記す
加害車両と被害車両の車種とナンバー 正確な情報を記す
事故の原因と事故発生状況 できるだけ詳細に記す
示談が成立した日 正確な日時を記す
署名押印(自署押印) 実印を使用する

物損事故の場合の示談書作成手順

示談書は以下のような流れで作ります。記載内容が正しいか不安なときは、サインする前に一度弁護士などの専門家に体裁を見てもらいましょう。

  1. 事故発生日時と事故発生場所を記載する。
  2. 当事者の車両所有者の氏名と運転者の氏名、車両番号を記載する。事故の当事者で過失割合が高い方を甲、低い方を乙とする。
  3. 事故の状況や被害の内容を記載する。
  4. 示談の条件(損害賠償金やその支払い方法)を記載する。
  5. 示談書の作成日の記入と当事者双方の署名捺印を行う。

人身事故の場合の示談書作成手順

人身事故の場合も、基本的に物損事故の場合と同じ手順で示談書を作成します。違いがあるとすれば、被害者が加害者の自賠責保険会社に直接請求が出来るということです。

まず物損事故の場合、任意保険に加害者が加入をしていなければ保険金で賠償金の支払いをしてもらうことが出来ません。自賠責保険は対人賠償のみで対物賠償を行っていないのです。

人身事故の場合、任意保険に加入をしていなくても自賠責保険で賠償金の支払いをしてもらうことが出来るのです。上記と同じ手順で示談書の作成をしてもらい、自賠責保険を利用する場合は負担した費用の領収書を添付することを忘れないで下さい。

示談書を作成するときの注意点

示談書は原則としてやり直すことができません。「やっぱり再度作り直したい」と思った頃にはもう遅いということになります。記載内容に注意し、慎重に作成しましょう。

賠償金額・支払期日・支払い方法は要確認

示談書の作成手順は上記の通りですが、特に重点的にチェックをしなければならない内容があります。それは、損害賠償に関する内容です。

損害賠償金額はもちろん、支払期日や支払い方法がきちんと明記されているか、必ず確認を行って下さい。支払期日と支払い方法は曖昧になりやすいので、特に注意をして下さい。

賠償金の支払い元が保険会社の場合は、大半が一括払いになっています。しかし、加害者が直接支払うとなると、分割払いを希望する人も出てくるでしょう。そういった場合は「保証人」を付け、賠償金の不払いが起こらないように備えておきましょう。

示談書は法的な拘束力を持った「公正証書」にしておく

事故の当事者同士で作成した示談書は私文書となりますので、強制力がありません。仮に加害者が賠償金を支払ってくれない事態に陥っても、法的な拘束力を持ちません。

万が一のことにも備えて、示談書自体に強制力を持たせることが出来る公正証書にしておくのがいいでしょう。示談書を公正証書化するためには、加害者と被害者が揃って公証役場に出向き、手続きを行います。

示談書を公正証書にしておけば、裁判を起こすことなく強制執行することができ、賠償金を示談書通りに受け取ることが出来ます。

示談内容と示談書についてのまとめ

示談書というものは、交通事故の加害者と被害者の責任の所在、解決策というのを記したとても重要な書類です。1度サインをしてしまうと内容を覆すことは出来ませんので、サインをする前によく確認を行わなければなりません。

交通事故の慰謝料や示談問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
交通事故問題の専門家に依頼をお考えですか?
当サイトでは交通事故問題に強い弁護士や専門家をご紹介しており、実績のあるエキスパートが揃っています。交渉を有利に進め、損害賠償の増額をお考えでしたらコチラを参考にしてください。 オススメの弁護士や法律事務所を見る
交通事故処理、何から手を付けていいか分からないあなたへ
交通事故に慣れている人なんていません。まず何から進めたらいいのか分からない場合はコチラを。 このまま示談せずに無かったことにしようかな・・・なんて考えていませんか? やっぱり専門家に依頼した方が有利に進められます。書類作成などの面倒も全て任せられます。

当サイトがオススメする慰謝料請求、示談交渉に強い事務所!

ベリーベスト法律事務所
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、弁護士法人ベリーベストにご相談下さい!

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人・響
【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決。

お問い合わせ

メールで無料相談

事務所詳細

泉総合法律事務所
交通事故の専門家である泉総合法律事務所が保険会社と適切な交渉をおこない示談金の増額をサポートします。相談料、着手金は0円です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

アーク東京法律事務所
【夜間、土日も対応】交通事故でより良い解決をするために弁護士が保険会社との示談交渉に介入し慰謝料の増額を実現します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

弁護士法人ALG
保険会社の対応に疑問を感じたらすぐにご相談下さい!「着手金0円」「相談料無料」「費用後払い」だから安心してご相談できます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

ゆう法律事務所
事故被害を受けた方のあらゆる悩みにお応えします。後遺障害の認定、保険会社との交渉など適正な賠償額を獲得するために全力で対応します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

交通事故慰謝料・示談の弁護士依頼に関する記事
エリア別で交通事故問題に強い専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング

交通事故問題に強いオススメの弁護士や法律事務所の比較ランキング
有利な示談交渉には専門家へ相談
交通事故問題を弁護士に依頼する理由
交通事故の示談をしないとどうなる?
加害者側と示談交渉がまとまらない
示談書の作成手順(書き方)
交通事故発生後「しておくべき事」
被害者が事故現場ですべきこと
重要な証拠となる『実況見分調書』
交通事故のよくある慰謝料問題
交通事故慰謝料の計算方法
法律的な慰謝料請求の方法とその手順
交通事故による慰謝料は増額可能?
示談前にお金が必要となった場合
車が全損した場合や代車の費用など
交通事故治療で整骨院の通院トラブル
後遺症と保険の関係
自賠責保険と任意保険のしくみ
後遺症が残る場合の対処法
後遺障害等級のわかりやすい解説
後遺障害等級認定の異議申し立て
損害賠償請求権の時効
事故のケースと対応の仕方
死亡事故が発生したときにすべきこと
物損事故を人身事故に切り替える方法
もらい事故に遭った場合
弁護士費用特約
解決事例集
主な後遺障害の症状と等級
こんな特別なケースの場合どうしたらいいの?
交通事故における保険会社の不満・対応について
交通事故の用語集
交通事故の慰謝料 相談Q&A
よくあるご質問[当サイトについて]
交通事故全般のよくある質問
慰謝料請求・増額のよくある質問
示談相談・交渉のよくある質問
自賠責保険・任意保険のよくある質問
新着法律事務所
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 那覇支店
権藤法律事務所
深田法律事務所
弁護士法人 泉総合法律事務所 池袋支店
弁護士法人 泉総合法律事務所 川崎支店
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ