宮崎県 弁護士/法律事務所
  • 弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)

    重い後遺障害や死亡事故に強い法律事務所です
  • ベリーベスト法律事務所【東京】(全国対応)

    国内トップクラスの交通事故解決実績があります!
  • ベリーベスト法律事務所【大宮】

    埼玉から関東圏の交通事故被害者を徹底サポートします
  • 弁護士法人ALG&Associates 東京法律事務所(全国対応)

    被害者専門の交通事故に強い法律事務所です。
  • ベリーベスト法律事務所【新潟】

    後遺障害等級認定など被害者を全力でサポート
  • ベリーベスト法律事務所【名古屋】

    交通事故被害に遭った方は事故に強い事務所に相談しませんか
  • ベリーベスト法律事務所【大阪】

    圧倒的な解決力のベリーベスト法律事務所へご相談ください。
  • 弁護士法人ALG&Associates 大阪法律事務所

    関西エリアの交通事故は経験実績ともに自信あります。
  • ベリーベスト法律事務所【松山】

    むち打ちから重大事故まで被害者請求はお任せください。
  • ベリーベスト法律事務所【広島】

    中国地方の交通事故は解決実績トップクラスのベリーベストへ
  • ベリーベスト法律事務所【福岡】

    交通事故に強い弁護士が慰謝料から等級認定までサポートします
  • 弁護士法人ALG 福岡支部

    九州全域の交通事故被害者の損害賠償請求をお手伝いします。
  • 弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)
    重い後遺障害や死亡事故に強い法律事務所です
  • ベリーベスト法律事務所【東京】(全国対応)
    国内トップクラスの交通事故解決実績があります!
  • ベリーベスト法律事務所【大宮】
    埼玉から関東圏の交通事故被害者を徹底サポートします
  • 弁護士法人ALG&Associates 東京法律事務所(全国対応)
    被害者専門の交通事故に強い法律事務所です。
  • ベリーベスト法律事務所【新潟】
    後遺障害等級認定など被害者を全力でサポート
  • ベリーベスト法律事務所【名古屋】
    交通事故被害に遭った方は事故に強い事務所に相談しませんか
  • ベリーベスト法律事務所【大阪】
    圧倒的な解決力のベリーベスト法律事務所へご相談ください。
  • 弁護士法人ALG&Associates 大阪法律事務所
    関西エリアの交通事故は経験実績ともに自信あります。
  • ベリーベスト法律事務所【松山】
    むち打ちから重大事故まで被害者請求はお任せください。
  • ベリーベスト法律事務所【広島】
    中国地方の交通事故は解決実績トップクラスのベリーベストへ
  • ベリーベスト法律事務所【福岡】
    交通事故に強い弁護士が慰謝料から等級認定までサポートします
  • 弁護士法人ALG 福岡支部
    九州全域の交通事故被害者の損害賠償請求をお手伝いします。
東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階 (旧:アーク八木ヒルズ11階)

交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満がある方はベリーベスト法律事務所にご相談下さい!

交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満がある方はベリーベスト法律事務所にご相談下さい!

埼玉県さいたま市浦和区岸町4-26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A・B

【初回相談料・着手金0円】保険会社との交渉は一切妥協しない後遺障害に強い法律事務所です。医療に詳しく、むち打ち・重大事故に経験・実績を持つ弁護士が上位の等級認定を獲得します。(土日祝も受け付けております)

【初回相談料・着手金0円】保険会社との交渉は一切妥協しない後遺障害に強い法律事務所です。医療に詳しく、むち打ち・重大事故に経験・実績を持つ弁護士が上位の等級認定を獲得します。(土日祝も受け付けております)

東京都新宿区西新宿6丁目22−1 新宿スクエアタワー28F

≪被害者専用窓口≫弁護士事務所はどこも同じだと思っていませんか?弁護士法人ALGは、交通事故に特化した弁護士が対応します。「着手金0円」「相談料無料」「弁護士費用後払い」で、交通事故被害者の方をフルサポートします。被害者の方は是非ご相談下さい。

≪被害者専用窓口≫弁護士事務所はどこも同じだと思っていませんか?弁護士法人ALGは、交通事故に特化した弁護士が対応します。「着手金0円」「相談料無料」「弁護士費用後払い」で、交通事故被害者の方をフルサポートします。被害者の方は是非ご相談下さい。

〒169-0074 東京都新宿区北新宿2丁目21−1 新宿フロントタワー 14階

【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決にあたります。

【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決にあたります。

小林ひまわり基金法律事務所
宮崎県小林市細野471-1

加害者が治療費を払ってくれない、後遺症等級の認定に不満があるなどの交通事故のお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。依頼者に代わって法的トラブルを解決します。

加害者が治療費を払ってくれない、後遺症等級の認定に不満があるなどの交通事故のお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。依頼者に代わって法的トラブルを解決します。

日向入郷地区ひまわり基金法律事務所
宮崎県日向市上町17-13 KYビル

これまで交通事故の事案を数多く取り扱ってきました。弁護士活動で得た知識と経験を活かし、依頼者にもっとも適切な解決方法を選択してご提案致します。

これまで交通事故の事案を数多く取り扱ってきました。弁護士活動で得た知識と経験を活かし、依頼者にもっとも適切な解決方法を選択してご提案致します。

にちなん法律事務所
宮崎県日南市中央通1丁目5-3

交通事故に遭い、ケガや後遺症(ptsd)などで心身共に苦しんでいる被害者の方には、心情を察し親切・丁寧な対応を心がけます。また、業務上知りえた秘密は厳守いたしますのでご安心下さい。

交通事故に遭い、ケガや後遺症(ptsd)などで心身共に苦しんでいる被害者の方には、心情を察し親切・丁寧な対応を心がけます。また、業務上知りえた秘密は厳守いたしますのでご安心下さい。

げんき法律事務所
宮崎県宮崎市旭1-8-19 楠並木ビル6階

交通事故で被害にあった方の中には悪質な運転によるものも含まれます。被害を受けてどうして良いか分からない方もいます。弁護士として被害者に代わり賠償のお手伝いをおこないます。

交通事故で被害にあった方の中には悪質な運転によるものも含まれます。被害を受けてどうして良いか分からない方もいます。弁護士として被害者に代わり賠償のお手伝いをおこないます。

岩佐法律事務所
宮崎県延岡市南町2丁目3-4

「弁護士は敷居が高い」と思われている方もいらっしゃいますが、当事務所では難解な法律用語などは使わず、できるだけ丁寧に、分かりやすい説明をいたします。

「弁護士は敷居が高い」と思われている方もいらっしゃいますが、当事務所では難解な法律用語などは使わず、できるだけ丁寧に、分かりやすい説明をいたします。

近藤和弘法律事務所
宮崎県都城市広原町12-3-3ライトプレイス205

当事務所では、相談したら必ず依頼しなければいけないということはありません。相談のみで終わった場合でも、「相談して良かった」と喜んでいただけるように心がけております。

当事務所では、相談したら必ず依頼しなければいけないということはありません。相談のみで終わった場合でも、「相談して良かった」と喜んでいただけるように心がけております。

「宮崎県」交通事故の慰謝料請求・示談相談をお考えの方へ

宮崎県の交通事故状況や特徴

宮崎県の交通事故件数は、平成26年において9759件と6年ぶりに1万件を切り、平成21年を境に増加に転じていましたが、死亡者数とともに減少傾向にあります。

宮崎県の事故で多いのは、高齢者が関連する交通事故で、死亡者数については全体の63.3
%に当たる31人が高齢死亡者となっています。

なかでも高齢者が歩行中に交通事故に遭遇し死亡する数が約半数にも上るため、反射材用品を身に着けるなど高齢歩行者が交通事故に遭わないよう工夫するだけでなく、どのような道路においても運転者が細心の注意と集中力をもって運転することが求められています。

また、宮崎県の交通事故の特徴として、飲酒運転による事故が多いことも挙げられます。平成26年においては53件発生し、前年比で2件増加するという不名誉な結果を残しています。

飲酒運転による交通事故を時間帯別に見ると、夜間だけでなく未明の2時~朝8時といった時間帯にも多く発生していることから、長時間飲酒の上運転に及んでいるか、あるいは飲酒検問などを避けるために日常的に飲酒運転を行っていることなどが想定できます。

全国的にも飲酒運転は大きく減少しつつありますが、宮崎県においても飲酒運転を撲滅するため早急な対策が必要であることが読み取れる宮崎県の交通事情です。

宮崎県で発生した交通事故件数

宮崎県で発生した交通事故件数を、数字をもとに見ていきましょう。
※数字は、人身事故件数(死亡者数)です。

平成17年 10,806件(78人)
平成18年 10,090件(96人)
平成19年  9,820件(80人)
平成20年  9,384件(48人)
平成21年 11,000件(73人)
平成22年 11,000件(51人)
平成23年 10,967件(49人)
平成24年 10,779件(50人)
平成25年 10,458件(59人)
平成26年  9,759件(49人)

このような統計が、宮崎県警察から発表されています。

宮崎県の交通事故件数はこの10年で見ると、平成19年と20年に1万件を切ったもののその後増加に転じてしまい、平成26年において9759件と6年ぶりに1万件を切ることに成功しています。

今後安定的に減少傾向が進むことが望まれていますが、死亡者数については平成26年において49人と順調に減少している状況です。

事故に直結する問題として、第1当事者が15歳~24歳の若者運転による交通事故が多いことが挙げられます。平成26年においては全体の約16%が若者運転による交通事故でという驚きの数値が報告されています。

若者運転は、運転免許を取ってから年数が経っていないことで、運転経験や交通安全に対する安全意識が低いことが問題視されています。

宮崎県の若者運転による交通事故の特徴として、多くが16時~20時といった夕刻から早い夜間帯に起きており、家路を急ぐことや仲間と交流している中で交通事故が発生していることが想定できるため、より一層交通ルールの順守が求められています。

交通事故を減らすために宮崎県でおこなっている運動や対策

宮崎県警察は、宮崎県内の交通事故を減らすためにさまざまなイベントやキャンペーン、講習会などの取り組みを行っています。

その内の一部をご紹介します。

交通安全スローガン「てげてげ運転追放」を掲げた運動は、九州の方言「てげてげ」という「適当」という意味の言葉で宮崎県民へ親しみやすい名前を付け、わき見運転などの適当な運転をストップさせる取り組みを行っています。

夕暮れ時に早めに点灯し、こまめにハイビームとロービームを切り替えることを推奨する「ピカピカ運動」。歩行者向けには、反射材用品や明るい目立つ色の衣服等の着用を徹底することも指導しています。

宮崎県警察本部が交通安全意識向上のために結成している「交通安全協力隊」。県内いつでもどこでも無料で出向いてくれることが特徴で、ドライビングシミュレーター、自転車シミュレーターが搭載され、運転・歩行能力診断を行うことができます。

地域ぐるみで交通事故防止活動を徹底するためのリーダー「地域交通安全活動推進委員」を設置し、地域の交通安全を強化しています。

宮崎県では交通事故件数を減らすべく多くの活動を積極的に行っています。

運転者や車両別の発生件数

宮崎県内の交通事故死傷者数を車両別に見ると平成26年度では、直線9,858件、交差点3,378件、交差点付近1,452件、その他563件、カーブ381件というデータが宮崎県警察より公表されています。

全体の約35%が直線道路における交通事故となっており、見通しが良く単調な道路でわき見運転や漫然運転につながりやすいことが想定できます。

また、直線道路はスピードも超過しやすいため、運転者の交通安全意識を向上させることで1件でも交通事故を減らすことが望まれています。

事故件数を第1当事者の年代別に見ると65歳以上2,127件、20歳代2,019件、30歳代1,568件、40歳代1,467件、50歳代1,269件、60~64歳785件、19歳以下485件、15歳以下20件です。

第1当事者とは事故の原因となった人を指しますが、高齢者が運転者や歩行者として事故原因となっている数がもっとも多く、それと同じくして20歳代の若年層が事故原因となっていることも宮崎県の交通事故の特徴です。

事故の類型で見ると、追突事故3,910件、出会い頭,2429件、その他車両相互1,096件、右左折時869件、車両単独719件、横断中311件、その他人対車両257件、正面衝突173件となっています。

交通事故の違反別に見ると、安全不確認2,583件、前方不注意2,243件、動静不注視2,079件、ハンドル・ブレーキ操作984件、指定場所一時不停止450件、交差点安全進行378件、信号無視286件、その他違反165件、歩行者妨害132件です。

法令違反である速度違反や酒酔いなども宮崎県内での事故は目立ちます。

ピックアップ弁護士

弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)

大幅な賠償金の増額を実現します!
弁護士事務所を探す
特徴から探す
カテゴリーから探す
エリアから探す
中部 甲信越
近畿
九州 沖縄
北海道 東北
関東
中国 四国
交通事故「弁護士費用特約」の基礎知識や使い方、メリット・デメリットを詳しく解説

交通事故示談・慰謝料計算ツール

コラム記事のカテゴリー
キーワード

トップへ

Copyright (C) 交通事故弁護士SOS
All Rights Reserved.