鹿児島県 弁護士/法律事務所
  • 弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)

    重い後遺障害や死亡事故に強い法律事務所です
  • ベリーベスト法律事務所【東京】(全国対応)

    国内トップクラスの交通事故解決実績があります!
  • ベリーベスト法律事務所【大宮】

    埼玉から関東圏の交通事故被害者を徹底サポートします
  • 弁護士法人ALG&Associates 東京法律事務所(全国対応)

    被害者専門の交通事故に強い法律事務所です。
  • ベリーベスト法律事務所【新潟】

    後遺障害等級認定など被害者を全力でサポート
  • ベリーベスト法律事務所【名古屋】

    交通事故被害に遭った方は事故に強い事務所に相談しませんか
  • ベリーベスト法律事務所【大阪】

    圧倒的な解決力のベリーベスト法律事務所へご相談ください。
  • 弁護士法人ALG&Associates 大阪法律事務所

    関西エリアの交通事故は経験実績ともに自信あります。
  • ベリーベスト法律事務所【松山】

    むち打ちから重大事故まで被害者請求はお任せください。
  • ベリーベスト法律事務所【広島】

    中国地方の交通事故は解決実績トップクラスのベリーベストへ
  • ベリーベスト法律事務所【福岡】

    交通事故に強い弁護士が慰謝料から等級認定までサポートします
  • 弁護士法人ALG 福岡支部

    九州全域の交通事故被害者の損害賠償請求をお手伝いします。
  • 弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)
    重い後遺障害や死亡事故に強い法律事務所です
  • ベリーベスト法律事務所【東京】(全国対応)
    国内トップクラスの交通事故解決実績があります!
  • ベリーベスト法律事務所【大宮】
    埼玉から関東圏の交通事故被害者を徹底サポートします
  • 弁護士法人ALG&Associates 東京法律事務所(全国対応)
    被害者専門の交通事故に強い法律事務所です。
  • ベリーベスト法律事務所【新潟】
    後遺障害等級認定など被害者を全力でサポート
  • ベリーベスト法律事務所【名古屋】
    交通事故被害に遭った方は事故に強い事務所に相談しませんか
  • ベリーベスト法律事務所【大阪】
    圧倒的な解決力のベリーベスト法律事務所へご相談ください。
  • 弁護士法人ALG&Associates 大阪法律事務所
    関西エリアの交通事故は経験実績ともに自信あります。
  • ベリーベスト法律事務所【松山】
    むち打ちから重大事故まで被害者請求はお任せください。
  • ベリーベスト法律事務所【広島】
    中国地方の交通事故は解決実績トップクラスのベリーベストへ
  • ベリーベスト法律事務所【福岡】
    交通事故に強い弁護士が慰謝料から等級認定までサポートします
  • 弁護士法人ALG 福岡支部
    九州全域の交通事故被害者の損害賠償請求をお手伝いします。
東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階 (旧:アーク八木ヒルズ11階)

交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満がある方はベリーベスト法律事務所にご相談下さい!

交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満がある方はベリーベスト法律事務所にご相談下さい!

埼玉県さいたま市浦和区岸町4-26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A・B

【初回相談料・着手金0円】保険会社との交渉は一切妥協しない後遺障害に強い法律事務所です。医療に詳しく、むち打ち・重大事故に経験・実績を持つ弁護士が上位の等級認定を獲得します。(土日祝も受け付けております)

【初回相談料・着手金0円】保険会社との交渉は一切妥協しない後遺障害に強い法律事務所です。医療に詳しく、むち打ち・重大事故に経験・実績を持つ弁護士が上位の等級認定を獲得します。(土日祝も受け付けております)

東京都新宿区西新宿6丁目22−1 新宿スクエアタワー28F

≪被害者専用窓口≫弁護士事務所はどこも同じだと思っていませんか?弁護士法人ALGは、交通事故に特化した弁護士が対応します。「着手金0円」「相談料無料」「弁護士費用後払い」で、交通事故被害者の方をフルサポートします。被害者の方は是非ご相談下さい。

≪被害者専用窓口≫弁護士事務所はどこも同じだと思っていませんか?弁護士法人ALGは、交通事故に特化した弁護士が対応します。「着手金0円」「相談料無料」「弁護士費用後払い」で、交通事故被害者の方をフルサポートします。被害者の方は是非ご相談下さい。

〒169-0074 東京都新宿区北新宿2丁目21−1 新宿フロントタワー 14階

【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決にあたります。

【24時間365日電話受付】依頼者様の利益を考えた充実のサポート体制。交通事故に強い弁護士と保険会社勤務経験スタッフが連携して問題解決にあたります。

法テラス指宿法律事務所
鹿児島県指宿市十町912-7

鹿児島県の交通事故トラブルでお悩みの方はご相談下さい。法テラスの愛称には、「法で社会を明るく照らしたい」、「陽の当たるテラスのように安心できる場にしたい」という願いがこめられています。

鹿児島県の交通事故トラブルでお悩みの方はご相談下さい。法テラスの愛称には、「法で社会を明るく照らしたい」、「陽の当たるテラスのように安心できる場にしたい」という願いがこめられています。

知覧ひまわり基金法律事務所
鹿児島県南九州市知覧町郡6223-1

事故の被害でお困りではありませんか。弁護士があなたに代わり、事故の相手方、ならびに保険会社との示談交渉を行い、調停および訴訟などの各種手続を進めていきます。

事故の被害でお困りではありませんか。弁護士があなたに代わり、事故の相手方、ならびに保険会社との示談交渉を行い、調停および訴訟などの各種手続を進めていきます。

早川法律事務所
鹿児島県鹿屋市打馬2丁目2番27号

交通事故問題においても依頼者に寄り添ったご提案を心がけ、気軽に法律相談やサポートを受けられる、あなたの町の「身近なホームロイヤー」 を目指します!

交通事故問題においても依頼者に寄り添ったご提案を心がけ、気軽に法律相談やサポートを受けられる、あなたの町の「身近なホームロイヤー」 を目指します!

桐原法律事務所
鹿児島県薩摩川内市若葉町2-14

損害保険会社との示談交渉、後遺障害等級認定や賠償金の増額など、交通事故の被害に関わることなら経験豊富な弁護士がサポートさせていただきます。

損害保険会社との示談交渉、後遺障害等級認定や賠償金の増額など、交通事故の被害に関わることなら経験豊富な弁護士がサポートさせていただきます。

野間法律事務所
鹿児島県姶良市加治木町仮屋町85番地

交通事故で弁護士への着手金など相談費用を負担する経済力がない方には、法テラスの民事扶助制度を活用するなど、できる限り法的なサービスを提供できるように努めております。

交通事故で弁護士への着手金など相談費用を負担する経済力がない方には、法テラスの民事扶助制度を活用するなど、できる限り法的なサービスを提供できるように努めております。

細谷法律事務所
鹿児島県出水市明神町410

不慮の交通事故に遭い苦しんでいる方はご相談下さい。地域の皆様に頼りにしていただける法律事務所となれるよう努力してまいります。法律問題かどうかお分かりにならないというときでも、お気軽におたずねください。

不慮の交通事故に遭い苦しんでいる方はご相談下さい。地域の皆様に頼りにしていただける法律事務所となれるよう努力してまいります。法律問題かどうかお分かりにならないというときでも、お気軽におたずねください。

あまみ法律事務所
鹿児島県奄美市名瀬港町22番23号里ビル1階

地域の皆様にとって身近で頼れる相談役となるべく、日々の弁護士業務と誠実に向き合っていこうと考えております。交通事故被害でお悩みの方は、お気軽にお電話ください。

地域の皆様にとって身近で頼れる相談役となるべく、日々の弁護士業務と誠実に向き合っていこうと考えております。交通事故被害でお悩みの方は、お気軽にお電話ください。

弁護士法人みなみ総合法律事務所 鹿児島事務所
鹿児島県鹿児島市山下町9-1 チャイムズビル5階

地域の法律事務所として個人の抱える問題を解決する弁護士集団です。様々な法律案件を扱っていますのでまずはご相談を。

地域の法律事務所として個人の抱える問題を解決する弁護士集団です。様々な法律案件を扱っていますのでまずはご相談を。

きりしま法律事務所
鹿児島県霧島市国分中央1-3-42 JR九州国分ビル2階

我々弁護士は依頼者と共に悩み、共に考え問題解決をサポートします。交通事故に遭われた被害者の方が十分な賠償を受けられるようにお手伝い致します。

我々弁護士は依頼者と共に悩み、共に考え問題解決をサポートします。交通事故に遭われた被害者の方が十分な賠償を受けられるようにお手伝い致します。

「鹿児島県」交通事故の慰謝料請求・示談相談をお考えの方へ

鹿児島県の交通事故状況や特徴

鹿児島県の交通事故件数は大きく減少傾向にあり、平成26年においては8,425件と平成に入ってからもっとも少ない数字を記録しています。

一方で死亡者数については平成26年においては前年比3名増加し94名となっており、平成23年には78人を記録したにも関わらず増加に転じてしまっている状況です。

鹿児島県の交通死亡事故が起きている地域を見ると、鹿児島地域が30人、曽於・肝属地域が22人という報告があり、2つの地域を合計すると全体の過半数を占めているため、これらの地域で集中的に交通事故防止対策が必要と言えるでしょう。

特に鹿児島地域については、平成26年においては前年より1.5倍以上死亡者数が増加しているため、どのような状況で事故が起きているか、原因や問題点はどこにあるかを把握した上での対策が急務となっています。

また、鹿児島県の交通事故の特徴は高齢者が交通事故に巻き込まれ、多くの尊い命を落としていることです。平成26年においては、死亡者合計94人のうち58人が高齢者となっており全体の約62%を高齢者が占めていることがわかっています。

高齢死亡者58人のうち7割以上は歩行中に亡くなっていることも報告されているため、歩行中の高齢者が交通事故に巻き込まれないよう、歩行者自身の対策と運転者に対する対策の両方が必要であることが読み取れる鹿児島県の交通事情です。

鹿児島県で発生した交通事故件数

鹿児島県で発生した交通事故件数を、数字をもとに見ていきましょう。
※数字は、人身事故件数(死亡者数)です。

平成17年 12,290件(103人)
平成18年 11,451件(110人)
平成19年 11,527件( 96人)
平成20年 10,943件( 88人)
平成21年 10,985件(101人)
平成22年 10,531件( 94人)
平成23年 10,062件( 78人)
平成24年  9,553件( 87人)
平成25年  9,207件( 91人)
平成26年  8,425件( 94人)

このような統計が、鹿児島県警察から発表されています。

鹿児島県の交通事故件数はこの10年で見ると大きく減少傾向にあり、平成26年においては9,000件を切り8,425件となっており、平成に入ってからもっとも少ない数値を達成しています。

一方で死亡者数については、平成23年において78人だったものの平成26年においては94人と増加しており、前年からも3名増加する不名誉な結果となっています。

事故に直結する問題として、死亡者全体のうち45%が歩行中に亡くなっていることから、歩行者を素早く発見し交通事故を起こさないための注意力や集中力が低いことが挙げられます。

そのうち7割が高齢歩行者であることから、交通弱者である高齢歩行者を交通事故に巻き込まないための運転マナー、交通ルール順守などが問題視されています。

交通事故を減らすために鹿児島県でおこなっている運動や対策

鹿児島県警察は、鹿児島県内の交通事故を減らすためにさまざまなイベントやキャンペーン、講習会などの取り組みを行っています。

その内の一部をご紹介します。

平成10年から交通マナーアップ運動として行っている「早めの合図・早めの点灯」は、合図の時期として、右・左折しようとする地点から30m手前、同一方向に進行しながら進路を右・左に変える時は進路を変えようとするときの3秒前を呼びかけています。

交通事故を抑止するためにドライバー向けに鹿児島県警察が公開している「交通事故を起こさないための防衛運転法」。横断歩行者を見たら減速し相手の動きを確かめる、高齢者や子供に注意する、大型車の直後は避けようなどといった心がけを啓蒙しています。

園児・児童の交通安全教育に「ひまわり号」、高齢者の交通安全講習に「さわやか号」といった、安全講習が可能な機材やシミュレータを搭載した車両を用意し、県民の交通安全を推進しています。

街の安全を見回る警察官を身近に感じてほしいという目的で鹿児島市内在住者によって作られている交通安全広報ソング「街のおまわりさん」。

鹿児島県では交通事故件数を減らすべく多くの活動を積極的に行っています。

運転者や車両別の発生件数

鹿児島県内の交通事故死亡者数を状態別に見ると平成26年度では、歩行者42人、四輪車36人、原付バイク6人、自動二輪6人、自転車4人というデータが鹿児島県警察より公表されています。また歩行中の42人を年代別に見ると、7割以上を高齢者が占めています。

また、事故の死亡者数全体を年代別に見ると、高齢者(65歳以上)58人、25歳~64歳27人、若年者(16歳~24歳)5人、子ども(中学生以下)4人です。(被害者と加害者含めた数字) 死亡者数全体で94人のうち約62%が65歳以上の高齢者であるため、高齢者に対しての交通安全対策が急務であることがわかります。

夜間歩行中に死亡した人数は33人であり、その全員が夜光反射材非着用であったことも報告されています。反射材はキーホルダーや靴、衣類などに装着することで、車やバイクのライトが当たることで、ドライバーに歩行者の存在を知らせることができるため多くの都道府県警察で歩行者が身に着けるよう推進しているものです。

ところが鹿児島県の夜間歩行中の死亡事故は、上向き対象車両のライトもほとんどが下向きであったことも報告されています。歩行者が反射材を身に着けることももちろんですが、ドライバーもライトを適宜ハイビームに切り替えて、歩行者を素早く見つける心がけが重要視されています。

ピックアップ弁護士

弁護士法人オールイズワン浦和総合法律事務所(全国対応)

大幅な賠償金の増額を実現します!
弁護士事務所を探す
特徴から探す
カテゴリーから探す
エリアから探す
中部 甲信越
近畿
九州 沖縄
北海道 東北
関東
中国 四国
交通事故「弁護士費用特約」の基礎知識や使い方、メリット・デメリットを詳しく解説

交通事故示談・慰謝料計算ツール

コラム記事のカテゴリー
キーワード

トップへ

Copyright (C) 交通事故弁護士SOS
All Rights Reserved.